完璧な人

完璧な人

なんていない

だから人を

好きになれる

スポンサーサイト

寛容な世の中の作り方

 LGBTの話ではないが、LGBTから入ってみようと思う。

 最近、会社でLGBTの研修や対話会の話をよく聞くようになった。テレビでも取り上げられ、行政の対応も進みつつある。

 その中のキーワードのひとつに「アライ」がある。自身はLGBTではないが、その支援をする人で、正確には「ストレート・アライ(Straight ally)」というらしい。研修でも、LGBTに関する困りごとはアライに相談して下さいとしていた。

 庶務担当の同僚が、庶務担当というだけでこのアライをやっている。この同僚を見ていて、今の自分はアライにはなれそうにないなと思う。アライは、必然的にカミングアウトされる可能性が高まるし、対応を誤るとその人の人生を左右しかねない。そう思うと、経験も自信もない k-ogasa は受け止めきれないなと思ってしまう。

 なぜかと振り返ってみると、どんなことをどんな風に悩んでいて、どうサポートしたら良いのか想像できないからだろうと思う。想像力がなければ、寛容にはなれないし、その意味では、まだまだ自分は不寛容なのだと気づかされた。

 さて、最近みた「増山超能力事務所」というテレビドラマが面白かった。

 誉田哲也が書いた同名の小説が原作で、ここの超能力師たちはイケてない。どちらかというと、風変わりな特徴がある変なやつ程度の扱いになっていて、その特徴故に悩み苦しむところが、このドラマの面白さだ。例えば、心を読む能力はあるのに、四六時中「ブサイク」だの「キモい」だのと自分へのネガティブな感情が嫌でも読めてしまって、引きこもりがちになるという感じて、厄介な能力で嫌なのだが、なかったことにもできないと葛藤するという感じだ。

 生き辛さを感じてきた超能力師たちも、増山所長という理解者のもと、超能力を生かした探偵という仕事を通じて、自分の居場所を見つけていく。

 そう考えると、身体的特徴をからかわれるのと大差はないし、痩せていたり運動オンチでモテなかった k-ogasa にも理解が及んでくる。超能力はスーパーヒーローが持つ万能な能力ではなく、多くの人がそれぞれに持っている、人より優れた所、劣っている所、違う所、特徴や個性に置き換えてもらうと、超能力師でない自分にも理解出来るようになる。

 もう一つは、アニメ「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」。

 このアニメでは例え日下部雪こと雪女を、 感情が高ぶると周りをちょっと凍らせるという困った特徴をもった高校生、妖怪や精霊のように人でないものを個性的な人間として描いている。現実の世の中に だって、感情が高ぶると 激しい言葉で周りを攻撃してしまう人だっている。それと同列に扱っているのだ。

 また、LGBT のアライに相当する役を高橋先生が担い、その高橋先生も悩みながら亜人達と向き合っている

 こうやって、想像しやすい形で表現してくれると受け入れやすくなるし、こういった作品が、世の中を寛容にしていくのだと思う。

 以前よりは、周りと違っても良いじゃないかという考えが広がりつつある。それで生きやすくなる人が増えるのは良いことだと思うが、逆に対応できずに窮屈さも感じるようになった。こういうものは、10年単位の時間がかかるのだと思う。

 k-ogasa は、いくつになってもこういう作品を、なんだこんなものと思わず、楽しめるようでありたいと思う。

明日への一歩

明日への

一歩なんて

簡単だ

右足か

左足の

好きな方を

前に

出すだけ

運を運ぶもの

運は

出会いから

生まれるから

行動して

出会いを求めて

運を

掴みなさい

少し寒かったから

少し寒かったから

キミの手を

握ってみた

キミの手は

ずっと冷たかったから

一緒にポケットに

入れてみた

キミの手は

ずっと冷たいままだから

ずっとポケットに

入れていた

花は

私が思うようには

花は咲かない

花が思うようにしか

花は咲かない

だから私には

咲きたいように咲く

花の手助けしかできない

地球が回っていれば

地球が回ってさえいれば

朝は来るのだ

あなたが生きてさえいれば

朝は来るのだ

努力の結晶

努力の結晶は

とても固くて

簡単に壊れたりしない

雑草

いつも

心の中に

咲いている

雑草がある

どんなに

毟っても

どんなに

カラカラでも

どんなに

土砂降りでも

枯れてしまった?

そう思っても

しばらくすると

また必ず

生えてくる

雑草なんて

そんな名前は

ないと言うから

調べてみたら

希望という

名前だった

孫太郎虫くん

 先日、東京都台東区の鳥越神社に行く道すがら、こんな看板を見つけた。

 「蛇善」という明治17年創業の、なんというか、日本的漢方薬・生薬の卸業者らしい。

【蛇善】

http://www.hebizen.co.jp/sp/

 確かに k-ogasa は年齢的にも色々弱ってきているが、こうしたものを積極的に摂取したい訳ではない。

 この中で目をとめたのは「孫太郎虫」。「孫太郎虫」はヘビトンボの幼虫のことで、ザザムシとも呼ばれ、子供の疳の虫に効く漢方薬・生薬らしい。

【参考 ヘビトンボ ウィキペディアより】

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%93%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9C?wprov=sfla1

 しかし、k-ogasa の記憶する「孫太郎虫」は、もっとスピリチュアルなもので、「虫」というよりは「蟲」である。

 k-ogasa の幼少期は、疳が強く、とても落ち着きのない子供だったらしい。痩せっぽっちで体が弱い記憶はたくさんあるが、落ち着かないのは記憶にない。ただ母親から、子供の頃から現在に至るまで、繰り返し終始一貫して落ち着きがない子供だったと言われ続けるところをみると、たぶんそうなのだろう。家族3代で暮らしていた頃、夕食時に5人分の食器類を並べると、すぐに食器で遊びだし、あっちへやったりこっちへやったりとグチャグチャにしてしまうことしばしばで、食べる直前でないと食器を並べられなかったんだと、終始一貫したクレームが今でも入る。

 現在の k-ogasa は、そんな過去があるなんて想像もつかないくらいに更生して落ち着いた大人の佇まいを醸し出しているのだが、このクレームに時効はないらしい。

 母親は、そんな疳の強い子供から疳の虫くんを追い出すべく、民間のまじない師のもとに連れて行き、何やら祈祷らしきことをしてもらったところ、手から白いフヤフヤしたものが出てくるのを見たと証言している。津軽地方では、このフヤフヤのことを「孫太郎虫」と呼んでいる。

【参考 疳の虫 ウィキペディアより】

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%96%B3?wprov=sfla1

 まあ、物心つく前なのか、全く記憶には残っていないし、「孫太郎虫」くん退治をした後、何か変わったのかというと、相変わらず体は弱いままだったから、真偽のほどは不明だ。

 では、何をきっかけに変わったのかというと、高校生の頃の度重なる手術・入院ではないか思う。この時に使った抗生物質あたりで「孫太郎蟲」くんは退治され、今のように穏やかな佇まいになったに違いない。

世の中の四分の一は

別れの歌だから

世の人の四分の一は

悲しみを抱えているに

違いない

世の中の四分の一は

ハッピーソングだから

世の人の四分の一は

幸せを感じているに

違いない

世の中の半分は

ラブソングだから

世の人の半分は

愛で出来ているに

違いない

白いキャンバス

子供は

白いキャンバスで

生まれてきて

自分で絵を描く

親は

筆と絵の具を

用意するだけで良い

今回は「懐かしい味」の悲喜こもごも

今回は、「懐かしい味」の悲喜こもごもを書いてみたい。

 まずは「悲」の方から。

 子供の頃に良く美味しいと言って食べていたけど、今はそうでもないというものはないだろうか?

 青森県出身の k-ogasa のそれは「けの汁」。

【参考のクックパッドレシピ】

津軽の郷土料理 けの汁 by けんたまはる http://cookpad.com/recipe/4032483 #cookpad

 大根・山菜・こんにゃく・昆布なんかを荒微塵に切って、味噌や醤油で味付けした料理で、正月明けに食べる。和風ミネストローネと言えなくもないが、どちらかというと七草粥的な意味合いのものだろう。

 子供の頃は、昆布の出汁が効いていて、おせち料理に飽きた時期に出てくるものだから、美味しいと思って食べていた。

 しかし、秋田県民の会社の先輩は「美味くない」という。理由は、肉・魚が入っていないから。確かに、初めて食べる人には素朴すぎて物足りないだろうな。

 k-ogasa 自身も、積極的に食べたいわけではない。年末始の帰省の折に母親が作ったものを、親孝行として食べるという程度だ。

 材料の切り方を変えたり、味付けをアレンジしたりすれば、生まれ変わるようにも思うが、このままでは時代の移り変わりの中で廃れていき、郷土料理屋でたまに出てくる珍しい料理になっていくのだろう。親孝行できる間は、食べることにしよう。

 次は「喜」の方。

 時々行く商店街に「パンケ」というラーメン屋さんがある。この名前を見て、アイヌ語の響きを感じて北海道の味噌ラーメンをすぐに想像し、前々から行ってみたいと思っていた。

 k-ogasa はアイヌ語はもちろん話せない。しかし、コロポックル(アイヌ語でふきの下の小人の意味)の民話はお隣の秋田だし、年寄りは小刀のことを津軽弁でマギリ(アイヌ語でマキリ)というように、何となくアイヌっぽいな感じるセンサーはあるようだ。

 実際 Wikipedia で調べてみると、「パンケ」は「川下の~」という意味であった。

【参考 Wikipediaアイヌ語の語彙一覧】

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8C%E8%AA%9E%E3%81%AE%E8%AA%9E%E5%BD%99%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E3.83.8F.E8.A1.8C

 さてこの「パンケ」、先日やっと行くことができた。出てきたラーメンは、やっぱり北海道味噌ラーメン系であり、うれしくなってしまった。

 青森県でラーメンと言えば、今では「煮干し系」か「味噌牛乳カレー系」が有名である。もしかしたら今後は「十和田バラ焼き系」なんていうのも出てくるかも知れないが、k-ogasa 的な青森のラーメンは「支那そば系」か「味噌ラーメン系」なのである。

 弘前市の高校に隣町から通学していた土曜日の昼、下校時に昼食にラーメンを良く食べたのだが、「室蘭」と銘打たれたもの。

 今「室蘭ラーメン」で検索すると、カレーラーメンがたくさん出てくるが、当時はカレー味ではなく味噌ラーメンであった。

 しかも「札幌」ではなく「室蘭」だった。未だに違いは分からない。味噌をベースにした甘めの味付け、ニンニクとショウガが効いていて、懐かしのラーメンといえは、この味を思い浮かべる。そして「パンケ」は、この時の懐かしい味がするのだ。

 思い出の味は、その人にしか味わえない一番贅沢なものであることに、改めて気がついた。

マインドフルネス

キミの身体は今この瞬間の

鳥たちの可愛い声に鼓膜を震わせたり

木々の清々しい緑を網膜に写したり

お日様の暖かい匂いを鼻奥に吸い込んだり

そんなことでとても忙しい

だから

キミの身体中の細胞たちは

昨日の失敗を抱えて細胞分裂したりとか

明日の心配まで血液に乗せて行き渡らせたりとか

そんなことをしている暇はないんだ

人はなぜ神に祈るのだろうか

人はなぜ神に祈るのだろう

どうにもしようのないことの

覚悟を決めるためかも知れない

大人になったら

大人になったら

子供の行動はやめる

大人になっても

子供の心は忘れない

最近、息切れが酷い

 最近、息切れがひどい。

 10代と30代に自然気胸を患い、手術もしているので、心肺機能はもともと弱いけれども、それよりは加齢による衰えの方が大きいと思われる。加えて、筋トレをして体重を増やそうとしているので、カロリー消費を抑えるために、有酸素運動を控えていたのだが、これも循環器の衰えに拍車をかけたかもしれない。

 心肺機能向上には、水泳・ジョギング・ロードパイクなどなど色々ある。とはいえ今の時期の水泳は寒いし、ロードバイクは自転車の準備から始めなくてはならない。ということで、安上がりに走ることにした。

 ご近所でも、早朝・日中・夜中と時間を問わず、走っている人を普通に見かける。体にビッタリ張り付いた何模様だかよく分からないウェアのカモシカランナーから、ドスドスノタノタとダイエットに勤しむ人まで様々だ。

 パートナーも、しばらく前から走っている。ゆっくりめだが、着々と距離を延ばし、今では1日おきに3キロくらい走れるようになっている。それには及びそうにないが、まあマイペースで始めてみよう。

 まず初回は、軽く2キロくらいから。

 と思ったのも束の間、2キロどころかすぐに息切れで止まってしまった。いかんいかん止まっちゃいかん。走っては歩き、歩いては走き、とにかく止まらないことだけを考えて、なっとこやっとゴール。

 うん、想像以上に老化している。

 そのうち体も慣れてくるだろうと、別の日に2回目のトライ。

 ところが、なかなか慣れてくれないらしく、また息切れで歩いたり走ったり。それでも距離を少し延ばすことができた。やるなぁ、自分。

 更に体が慣れてくる筈だと信じての3回目。

 なんと、慣れるどころか膝と股関節が痛くなって途中で中止。まともに走れない。風が強くて寒いのに、走る前のストレッチを怠ったせいだ。体も心もボロボロ。ゔーーーっ。

 前回の失敗を踏まえて、4回目は入念にストレッチをする。膝を傷めないように、サポーターでの補強も忘れない。そして、今は体が温まるほどは走れず、その前に膝に来てしまうので、体を冷やさないように防寒にも気を使う。フード付ウインドブレーカーにミニマフラーと手袋。

格好だけみると、極限まで体重を落とそうとするボクシング選手のようだ。ああそういえば、ボクシング元世界チャンピオンの内藤選手に似ていると、色々なところで言われたな。

 それはともかく、前よりだいぶペースを落として走る。息切れも酷くはならず、目標の2キロを初めて休まず走り切る。やったな自分!

 気を良くしての5回目。

 少しだけ距離を延ばして、また休まず走り切る。やったな自分。

 でもさ、心肺機能が上がった気も、脚に筋力が付いた気も、全くしない。

 順調に走り込みを続けるパートナーはというと、ついにシューズを新調することにしたらしい。結構頑張っているから、ある意味自分へのご褒美の意味でも良いと思う。

 その時、スポーツショップで仕入れてきたのは、1キロ6分未満で走れるならランニングシューズ、それ以上かかるならジョギングシューズが良いという情報。

 ちなみに4回目に測った自分のラップは、1キロ10分。これってウォーキングシューズでよくね? 凹むなー。

 心肺機能や筋力向上には、距離を延ばすより、タイムを上げたほうが良さそうだ。次は、準備運動をしっかりして、1キロ8分を目指そう。

充電

愛してばかりじゃ

バッテリー

カラッポになっちゃう

やっぱり

充電されたいよ

一つ空の下

神様は

一つの空の下に

人を作った

変わらない

変わらないと

思っていた街が

変わっていた

いつもいると

思っていた親が

いなくなった

変わらないと

思っていた自分も

いつの間にか

変わっている

今年の目標

 昨年末、パートナーから

「来年の目標は?」

と問われて、とっさには出てこなかった。

 15年物の車を買い換えないとなあとか、子供が就職するなあとか、転勤になりそうだなあとか、色々と変化の年になりそうだという思いが先に立ち、気持ちが自分の「目標」までたどり着いていない。

 押し黙っていたら、パートナーが

「画家デビューだな。」

と宣言した。

 k-ogasa の創作のメインは写真詩だが、昨年から、たまにパステルで絵を描くようになった。画材は100円ショップで手に入るし、消しゴムで修正もきくので、初心者にも取っ付きやすい。先にアップした酉年年賀状もそのひとつだ。

 

 以前に確かに、A4サイズが10枚描けたら、売りに出そうかとか言っていた。7枚まできたのだから、もう3枚を早く描いてと、背中を押してくれているのだなあと、なかなか完成しないクラゲの絵をみながら思っていた。

 正月、帰省したら軽く風邪を引いたので、コタツでゴロゴロと寝正月していたら、パートナーがパソコンに向かって、サカサカと ART-METER のマイページを作りだした。ART-METER は、絵画の通販仲介サイトで、初心者でも登録可能だ。パートナーが、作品のアップの仕方を伝授してくれたので、7枚の内の2枚の絵のアップが、あっと言う間に終わってしまった。あとは事務局側の、著作権・肖像権侵害や公序良俗違反がないかのチェックが通れば、画家デビュー、おっと、自称画家デビューしてしまう。

 来年の目標って、12月に言って1月になんとなく達成しても良いものなのかは甚だ疑問だが、まあ、売れそうな気もあまりしないので、作品が売れて本当の画家になるまでに、10枚の絵を描くことにしよう。

 まずは、しかかりのクラゲだな。

成長

必要なものが

与えられて

初めて人は

成長する

あけましておめでとうございます

 明けましておめでとうございます。

 ゆるゆるの更新にもかかわらず、ご愛読ありがとうございます。

 今年は、100均パステルでひよこを描いてみました。鳥って頭と体のバランスが、難しいものですね。詩の方は思いがけず良い感じのが浮かび、まとまりがついたかなと思います。

 この年になると、大きく羽ばたくなんてことは、まあ、ありませんが、一歩前に出るお手伝いくらいになれれば良いなと思います。

 今年もゆるゆると、お付き合い頂ければ幸いです。

k-ogasa

居場所

自分の居場所は

居たいと

思わなければできず

居て欲しいと

思わなければできず

恋愛に似ているけれど

恋愛よりは

ずっと容易い

移ろい

雲が流れて

時が流れて

心が流れて

サクサク

踏みしめる落ち葉

サクサク サクサク

踏みしめる我が道

サクサク サクサク

あなたの

生きた証は

何ですか?

なお

歳とってなお

輝くためには

今、何をする?

過去か未来か

過去を取り返すことより

未来を掴むことをしよう

言い訳

自分に負けて

自分に言い訳して

何も変らなかった

プロフィール

k-ogasa(ケイオガサ)

Author:k-ogasa(ケイオガサ)
デジカメで、花と写真を楽しんでいます。感じたものが、少しでも伝えられたらいいなあと思います。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード