春が来る



ぽっ♪・ぽっ・ぽっ
ぽっぽっぽっぽっぽっぽっぽっぽっ♪
ぱっ・ぱっ・ぱっ
ぱっぱっぱっぱっぱっぱっぱっぱっ♪

音楽が始まるように
春がくる
スポンサーサイト

自由が丘ポスカ展 搬入完了

 昨日は、半日だけゴールデンウィーク開始を早めさせてもらって、明日から始まる自由が丘のポストカード展の搬入に、行ってきました。

 前回参加の時には、15時の搬入開始時刻を少し過ぎたあたりに行ったところ、既にmegumilkさんなんかが、搬入を終わっている感じでした。早めに行ってもいいんだ、と思った次第。
 それで今回は、作品がイマイチなのを展示ポジションで補うという姑息な了見で、少しフライングして行ってみました。そしたらなんと、早すぎたようで、展示用ポケットの設置中という状態。早すぎたせいか、搬入の作家さんがほとんどいませんでした。

 さてどうしたものかと考えていると、人のいい主催者のryuさんのはからいで、準備中にもかかわらず、受付&好きなトコロに置いていいよ、ということにして頂きました。

 好きなところということで、人が立つスペースに余裕があるあたりを選んで設置します。


 ディスプレイは、こんな感じです。4つがこれまでの作品、1つは下北ポスカコンテストの作品、3つが新作です。右の2つは、花以外の作品ですが、さて、反応がありそうか、大変に不安です。

 ゴールデンウィークは天気がよさそうなので、行楽地に出かける方も多いと思いますが、自由が丘にも、足を運んでみて下さい。

桜みたい



あなたは
桜みたいだね
そばにいると
ウキウキするから

あなたは
桜みたいだね
春らしく
暖かいから

お約束の、しつこい告知です(ARTs*LABo ポスカ展09 - 自由が丘-)

 あやうく忘れるところでしたが、お約束の直前告知です。
 ゴールデンウィークに、自由が丘のARTs*LABoポストカード展に出展します。


+++++ 参加情報 +++++


開催日: 2010年4月29日(木)~5月5日(水)


会場:ART FORUM One's
自由が丘東京都目黒区自由が丘1-29-17 自由が丘 夢の樹HILLS 5F



*入口がほそい路地に面していて、ちょっと分かりにくいです。5階に昇るエレベーターが、少し奥まったところにあります。


アクセス:東急大井町線 自由が丘駅 最寄
http://www.ones-jiyugaoka.com/access.html


開催時間:13:00~19:00



*最終日の5月5日(水)は18:00まで


+++++++++++++++


 「下北ポスカコンテストの作品と新作を~」とか、以前に言っていましたが、新作・コンテストの作品・既作品をまぜまぜで、出展します。ゴールデンウィークの間、ずっと開催していますので、是非お越し下さい。
 明日午後の搬入と、5月2日(日)午後の交流会には、会場に行こうかなと思っています。

額縁がやってきた

 この日曜日は、久々に決まった予定のない日でした。ということは、これまで後回しにしてきたことを、やっつけないといけないということです。頭の中には、

「金魚の水替えもやらないと、まずいな」
「春の花が一杯咲いているし、天気が良いから撮影に行きたいなあ」
「自由が丘のポスカ展の準備を、終わらせないといけないが、ハガキ用紙がないか」
「お庭のレンガ敷きも、ほったらかしだしなあ」
「ポスカの新作・・・」
「パートナーが風邪気味だから、食事当番かあ」

なんてことが、渦巻いていたりします。

 優先順位をつけて、植えつけたばかりなのに、健気にお庭で咲いた花水木なんかを、陽が高くならないうちに撮影し、金魚水槽の水を替えようと、窓を開けると、門の辺りに男が立っていて、トランシーバーか携帯電話で、誰かと話をしているではないですか。何かの検査か? 怪しい訪問販売か? 頭の中は、???で一杯です。

「お届けものです」

 届け物? 先週に親が来たから、実家から届くものなんかないし、通販でも特に注文はしていない、と。心当たりが全くないため、???は、増えるばかり。
 門のところまで出て、届け物を確認すると、額縁でした。パートナーがついに額縁の通販を始めたのか? 差出人を見ると、住所は・・・九州? 名前は・・・おおおおお、itokeさんだあ!

 そうなんです、築地でグループ展を開催するというので、パートナーも私もお邪魔したitokeさんが、額縁付きで、絵を送ってくれたのです。うん万円のお値段が付いていたやつです。丁寧なお手紙まで添えられて。itokeさん、とてもいい人で、太っ腹です、はい。

 感激して、とりあえず証拠写真を撮ってみました。そしてさっそく、1階の和室に、展示します。写真が曲がっているのは、光の映り込みをよけたせいです。
 

 itokeさん、本当にありがとうございました。パートナーともども、とても喜んでおります。itokeさんが大物画家になって、この絵に値段がつけられないようになることを、二人して願っております。

東京高いとこ巡り

 津軽から、両親が出てきました。父親が、東京スカイツリーができたら、修学旅行の時に行った東京タワーがなくなって、もう見られなくなるから、最後に見に行きたいというのです。別になくなるわけでもありませんし、最後でもないと思うのですが、私も行った記憶がないので、東京タワーも入れて、「一日ゆったり東京高いとこ巡り」なるスーパーおのぼりさんツアーを企画してみました。

 選定した観光ポイントは、東京都庁、東京タワー、東京スカイツリーの3ヶ所です。高いとこというと、他にもサンシャイン60もあるよと言われると思いますが、何年か前にに連れて行ったのと、父親の足の具合がよくないので、スポット数を減らそうと、今回は見送りです。

 最初は、東京都庁。
 東京メトロ大江戸線の都庁前駅で降りたものの、休日の都庁には、どこからどう入ったら良いのか分かりません。ピクリとも動かない自動ドアの前、中で行き来する観光客を恨めしく見つめます。うう、この日は雪が降る朝、かなり寒い中を、都庁の周りを2周くらいして、ようやく入口を見つけます。

 荷物チェックの後、エレベーターで、45階の北展望室に向かいます。速度を感じさせない快適な乗り心地で、あっという間に展望室に到着です。晴れていれば富士山が見えるらしいのですが、今日は望めません。
 さて、展望室内を見回すと、海外からの観光客がたくさん。韓国語を話す若いカップルが、携帯で写真を撮っているのを見ては、新婚旅行かな? なんて、ほほえましい憶測をしてみたりします。また、明らかに海外向けと思しき土産の数々が並びます。日本人は、東京都庁でエヴァンゲリオンの綾波レイのポスターは買いませんもんね。

 両親と共に一回りして、都庁を後にし、お次は東京タワーに向かいます。東京メトロ日比谷線の神谷町駅から、上り坂をのろりのろりと歩くと、赤いタワーが見えてきます。

 さらに近づくと、大量のこいのぼりが見えてきました。何かのイベントなのか、いつも流しているのか不明ですが、やっと晴れてきた空に、気持ちよく泳いでいます。

 1500円を払い、大展望台までエレベータで昇ります。派手なイルミネーションを浴びながら、250m地点まで上ると、都庁で慣れたのか、あまり高い感じがしません。母親がここまできたら、特別展望台に行くしかないと、さらに600円の追加料金を払います。
 少し小さなエレベーターで、「途中でガタンと音がするけど、心配ないよ」的アナウンスを聞きながら、正しくガタンと揺れた後、特別展望台に到着します。足元には、広い敷地のお寺なども見え、この辺りは忠臣蔵ゆかりのお寺があったなあ、なんて思いをはせます。また、晴れたお陰で、東京湾方向も、遠くまで気持ちよく見渡せます。両親も、この景色を満喫している模様。いや、良かった良かった。

 大展望台まで降り、真下を見下ろせるガラス床を覗き込んでは、ムズムスした後、最後の、東京スカイツリーに向かいます。

 東京スカイツリーは、約半分の340mくらいまで建築中。昇ることはもとより、足元まで行くこともできないので、都営浅草線の押上駅を出たところから、見上げます。

 上に2機のクレーンを頂く、東京タワーよりはるかにスリムな姿を眺めながら、あのクレーンはどうやって降ろすのか、なんて疑問を母親から投げかけられます。変な質問なんかするなと言いたいものの、片方のクレーンでもう片方のクレーンを下ろした後、代わりに小さいクレーンを吊り上げ、その小さいクレーンで、大きいのを降ろす、これを繰り返して、最後にはミニクレーンをエレベータで降ろすのだと、本当か嘘か分からない答えを返しておくことにします。

 これで、スーパーおのぼりさんツアー「一日ゆったり東京高いとこ巡り」の全行程を無事終了し、帰路に着きました。

 今回引率してみて、都内の駅には必ずエレベータがあることを、改めて認識しました。まあ、エレベータまで行くのが大変だと、父親がぼやいていましたが、足の不自由人にも、それなりに優しい社会に変わりつつあるのは、良いことだと思います。

月夜



にわかの雨の
上がったばかりの
真白き月も
震え瞬く
この夜の下に
ぽつりとひとり

小吉



足りないものは
見つかりそうですか?

視線


希望を見つめる
吸い付くような想い

アーティストフェスタ in MAKUHARI に出展します

 アーティストフェスタ in MAKUHARI に、調子に乗って出展します。

+++++ 参加情報 +++++

参加日:2010年5月29日(土)・30日(日)

*雨天中止です

開催時間:11:00~17:00(予定)

会場:幕張メッセ 9・10ホール前、メッセモール(野外)

千葉市美浜区中瀬 2-1

アクセス:JR京葉線 海浜幕張駅より徒歩5分

http://www.m-messe.co.jp/access/index.html

 今回も、パートナーCanakoの水彩画も同時出展予定です。
http://canako08.blog8.fc2.com/

++++++++++++++++++++

 mixture creators' market つながりで、幕張メッセで出展することになりました。
 当日は、別イベントですが、幕張メッセ9・10ホールでは旅フェアが開催されますし、メッセモールでは大道芸やワークショップ、幕張新都心名物の販売なども行われる予定で、天気がよければ、楽しいイベント会場となりそうな予感です。

 k-ogasa は、あくまでポストカードの販売を行うために行くのであって、大道芸や名物を目当てに、遊びに行くのではありません。前もって言っておきますが。ええ。

春の記憶



沈丁花の甘い香が
春の出会いと
春の別れを
思い出させる

はる



ふくらむ春
満ちゆく息吹き
心をゆだねて
命をきよめる

mixture Vol.18 で気になった作家さん

 初日の午前中に売れてしまったので、穏やかな気持ちで参加していたk-ogasa、妙に優しい気持ちで他の出展者さんを見て回りました。これも恒例、ちょっと遅くなりましたが、気になった作家さんをご紹介します。

むんふさん:http://web.mac.com/aduuchin_munkh/iWeb/3FB8A261-5C31-49DE-B909-9C1E91C2883E/TOP.html

あど~ちんブランドで、羊毛フェルトを使った動物たちのマスコットを作っています。とにかく、かわいい。特に春ウサギのパステル色のフワフワウサギが秀逸です。

さゆきさん:http://chigiriya.exblog.jp/

ちぎり絵で作ったポストカードです。手作りの1点ものということでしょうか。手元がおぼつかないk-ogasaにとっては、このようなものが作れる人は、尊敬します。

 そもそも、細かく千切れねーし、狙ったところに貼れねーし。 やっぱ、かわいい雑貨はいいなあ。
 そう思って、ハリネズミのぬいぐるみ写真で、ポストカードを作ったのに、ぜんぜん売れねえです。パートナーのカエルがあれだけ売れるのに。かわいいのツボが、人とは違うのだろうか。はぁぁ・・・

ツンツン



ツンツンすれば
まわりも痛い

itokeさんのグループ展に行ってきました

 パートナーのブログに良く来て頂くitokeさん(http://blog.goo.ne.jp/itoke345/)。花の絵を、時に優しく、時にみずみずしく描かれます。このitokeさんが、東京は築地で「53の会 三人展」と題して、グループ展を開いています。

 パートナーは、この機会を逃したら、二度と会えないかも知れないと、築地まで三人点に出かけ、親しくitokeさんとの交流を楽しみ、原画の力を感じてきたようです。他の人と、好きな絵の話ができるのは、良い刺激なのではないかと思います。

 さて、パートナーがitokeさんからもらってきた、花の絵の名刺。これが、なかなかにセンスが良く、k-oagsaも見たくなりました。幸い、近くに出張に行く機会があったので、お昼に築地まで足を延ばしました。
 
 
 

 会場は、「茶の実倶楽部」という、お茶屋さんがやっているお茶専門喫茶店の5階。20畳くらいの展示スペースです。平日昼ということもあり、k-ogasaひとり。ゆっくりとitokeさんの、花の絵を鑑賞させて頂きました。名刺からは、とても柔らかい雰囲気の絵だと思っていたのですが、実物は、思った以上にしっかりした絵でした。柔らかい花びらは柔らかく、固い茎は固く、全体に気を配った作品です。ぶどうやラディッシュも、丸くてしっかりした感じが、良く出ています。20点以上の作品の中でも、特に露草の絵は、可愛らしい花としっかりした茎の取り合わせが、印象的でした。いい絵を見ると、幸せな気分になりますね。はい。

 k-ogasa、結構人見知りなので、ただ黙々と鑑賞し、黙々と立ち去るつもりでいたのですが、記名帳が置いてありましたので、何気なく記帳したら、itokeさんにwatercolor06の旦那だと、バレてしまいました。いやいや、日本茶喫茶券まで頂いて、恐縮です。

 せっかく喫茶券を頂きましたので、飲んでみることにします。日本茶専門の喫茶店なんて、B級庶民派カメ人間には、どう振舞って良いのか分からないのですが、とりあえず席に着くと、出てきたセットメニューの中から、煎茶・抹茶・ほうじ茶とお茶請けのセットを選べばよいようです。煎茶はすぐに決まったのですが、お茶請けはメニューからは分かりません。絵の余韻を楽しむため、「天下一」というやつを注文してみました。
 程なく「天下一」、煎茶とお茶請けの「きんつば」が出てきました。ラッキーッ。小豆大好きB級庶民派カメ人間、どうやら当たりを引いたようです。

 煎茶というか、そうそう、お煎茶ですね。お煎茶は、味も香りも、複雑な味わいのあるものでした。普段からお煎茶に親しんでいないもので、悲しいことに、おいしさを表現できません。
 しばらくすると、土瓶(ちゃんとした呼び名があるのでしょう)に入ったお湯が出てきました。2煎目用だそうで、店員さんの指示によると、土瓶のお湯を、湯冷まし(注ぎ口の付いた湯飲みみたいなやつ)で冷まし、茶葉の入った急須に注げとのこと。茶葉は、急須の後ろ(どうやら注ぎ口が前らしい)に寄せてあるから、直接お湯を当てないように注がなければならない。指示通りに注ぎ、ぬるめのお湯でじっくり甘みを引き出すのだろうと、頭の中で50数えたところで、茶碗に注ぎ、頂きいてみます。
 薄い。最初のお煎茶より、薄い。100まで数えて、良く温まらなければならなかったようです。それでも、家で適当に入れたものより、はるかに美味いですねえ。

 きんつばも、とても上品でしっかり豆の味のするおいしいもの。幸せです。甘くなった口をさっぱりさせようと、3煎目に挑戦です。今度は渋茶にしようと、冷まさずに、土瓶から直接注ぎます。短い時間でよかろうと、またまた50数えましたが、またまた、薄く入ってしまいました。どうも、お煎茶道は極められそうにありません。

 itokeさんの名刺から、のんびりした幸せな時間を過ごすことができました。素敵な花の絵を鑑賞したせいか、喫茶店脇でがんばっているお花が、目に付きました。(ケータイカメラなので、綺麗に撮れないかった)

 春ですねえ。

優しい光



月は
枯れてゆく
この体を
素敵に
思わせてくれる
優しい光

夕焼け色



夕焼け色が
染み込んだ
木の葉たちと
優しい気持ち

希望草



見つけてもらうを
待っている

見つからぬまま
枯れたとて

静かに静かに
種こぼし

見つけてもらうを
待っている

mixture Vol.18 参加報告

 3回目となるmixture Vol.18に、参加してきました。
 会場は、おなじみのJR亀戸駅近くのショッピングモールのサンストリートです。
 1日目は晴れ時々曇りと、イベントには絶好の天気で、人出も悪くありません。桜も、今が盛りの満開。でも、2日目は寒さに震える日となりました。


 出展の結果から言うと、売れ行きはまあまあで、人数は少ないですが、まとめ買いをして頂いたという感じ。そして、今回は、初めて穏やかな気持ちで過ごすことができました。


 ディスプレイは、パイプハンガーに100円ショップで調達したウォールポケットを吊したカードの壁。紐を通して、風でばたつくのを防ぎます。そしたら、壁ごと倒れてきたので、2日目からはダンベルで倒壊対策を施しました。おっ、おも~い。


 これまでのmixtureは、初日全く売れないのが定番。パートナーの絵が、ぽつりぽつりと売れるのを指をくえて眺めながら、ひがみ根性を募らせていくというパターンなのですが、今回は一味違います。初日午前中に、いきなり、ポスカも、しおりも、売れてしまいました。
 親子連れのお母様は、竹の写真が気に入られたようで、直球ど真ん中の選択ですが、娘さんは「私だって頑張ってるのよ」系の詩が、心にささりました。若いのにご苦労をされているようですね。しおりも気に入って頂けて、大量購入して頂きました。ありがとうございます。
 こんな風に土曜日午前中に売れると、優しい気持ちになれるものです。これほど早く売れ、新製品のしおりまで売れ、とても穏やかな気持ちで過ごせるのは、初めてのこと。この世の中は、優しさに満ちた世界なんですね、ええ。

 これが、さっそく売れた「透明しおり」、新たな試みの新製品です。


 以前のデザインフェスタで購入したものが、使い勝手がとても良いので、自分でも作ってみました。製作にあたっては、パートナーと子供に全面的に協力を頂きました。スーパー感謝です。

 お次は、出展者の方が、お忙しい中たくさんお買い上げ頂きました。短い時間で、詩まで読んでもらうのは難しいことなのですが、出展者ということもあり、じっくりと時間をかけてお読み頂き、ずいぶんとお褒めの言葉を頂きました。感謝で一杯ですし、やってて良かったなと、思いを新たにしました。

 今度は、出会いのお話。
 パートナーのブログにいつもコメントを下さる、画家のオーさんが、わざわざ訪ねて来て下さいました。パートナーが、絵の枚数を重ねるごとに上達していくとおっしゃって頂き、画家さんらしい褒め言葉だなと思いました。絵の先生の指導と、上達のポイントを意識して描きこんでいたのを見ているだけに、嬉しい褒め言葉でした。ありがとうございます。

 次は、新宿まで来たからついでに寄ったと言って、新宿からはついでにこれる距離でもないし、くじけそうなくらい寒い日だったにもかかわらず、引きこもり気味のパートナーに会いに来てくれた友人Sさん、本当にありがとう。差し入れのレーズンサンド、家族でとても美味しく頂きましたよ。

 最後に、お買い上げ頂いた皆様、足を留めて見て頂いた皆様、楽しく交流して頂いた出展者の皆様、忙しい仕事をこなしながらイベントを企画して下さるスタッフの方々、本当に本当にお礼を申し上げます。

ありがとう ありがとう

すました顔で



頭も胸も
グチャグチャになっちゃう
この想いは
かわいさで隠して

恒例の、しつこい告知です(第18回 mixture creators' market)

 恒例の、ちょっと前しつこい告知です。

 第18回 mixture creators' market に出展します。

+++++ 参加情報 +++++

参加日:2010年4月3日(土)・4日(日)

開催時間:11:00~18:00

会場:東京都江東区 亀戸サンストリート マーケット広場

アクセス:JR総武線 亀戸駅 東口より徒歩1分
http://www.sunstreet.co.jp/
*雨天中止です。

サイト:http://homepage2.nifty.com/marc-y/


 当日は、パートナーのCanakoの水彩画も同時出展予定です。
http://canako08.blog8.fc2.com/

++++++++++++++++++++

 今回も、土日の2日間参加します。
 花以外の癒し系新作ポストカード、季節もの、母の日・父の日カードも用意しています。 気が向きましたら、ぜひお越しください。今年も、桜が見ごろになりそうです。
プロフィール

k-ogasa(ケイオガサ)

Author:k-ogasa(ケイオガサ)
デジカメで、花と写真を楽しんでいます。感じたものが、少しでも伝えられたらいいなあと思います。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード