わたし



小さく咲いても
花は花
スポンサーサイト

アーティストフェスタ in MAKUHARI 出展してます

 はっきりしない天気ですが、アーティストフェスタ in MAKUHARIへの出展は、とりあえず、行います。もしかしたら、雨で途中で出展中止になるかも知れません。

 う~、風が吹く~、寒いの苦手だ~。

亀戸宰府天満宮



デジカメで
浮世絵真似て
藤愛でる
江戸と変わらぬ
人の営み

毎度の、しつこい告知です(アーティストフェスタ in MAKUHARI )

 恒例の、しつこい告知です。
 アーティストフェスタ in MAKUHARI に、出展します。

+++++ 参加情報 +++++

参加日:2010年5月29日(土)・30日(日)

*雨天中止です

開催時間:11:00~17:00

会場:幕張メッセ 9・10ホール前、メッセモール(野外)

千葉市美浜区中瀬 2-1

アクセス:JR京葉線 海浜幕張駅より徒歩5分

http://www.m-messe.co.jp/access/index.html

その他:

アーティストフェスタ in MAKUHARI の概要です。
http://www.h4.dion.ne.jp/~k-m.hp/mcm_18.5_aim.htm

++++++++++++++++++++

 アーティストフェスタの中で、mixture creators' market として参加します。他にも、幕張新都心名物の販売、幕張いも検定クイズラリー、大道芸、ワークショップなどが開催され、にぎやかなイベントになりそうです。
 4月18日には別イベントですと紹介した「旅フェア」ですが、アーティストフェスタとのコラボレーションイベントだそうです。

 パートナーCanako(http://canako08.blog8.fc2.com/)の水彩画も、同時出展です。今回は、「猫」をキーワードに、怪しくて楽しい肉筆水彩画を描きまくっていますので、こちらもお楽しみに。

 降水確率30~40%で、びみょ~な感じの週間天気予報です。けっこうがんばって準備してきましたので、なんとか天気がもってくれればいいなと思います。

涙雨



天気が良くても
心が晴れない
大切なものを
失った日

簡単なことなのに



一番いい時期に
花を咲かせる
その難しさ

幕張アートフリマ まだまだ準備中

 アーティストフェスタ in MAKUHARIが、いよいよ次の週末となりました。今日は、雨だったこともあり、先週に引き続いて準備をしていました。

 最終的に、38作品を出展することにしました。新作は6作品です。
 こうやって新旧並べてみると、コンパクトカメラからデジタル一眼に変わったお陰で、写真の出来は少し良くなったような気がします。実際、売れてませんから、レベルがず~っと下のほうでの変化と言えるでしょう。あはは。

 新作のご紹介。父の日向けに、作ってみました。詩は旧作と同じですが、写真とデザインを変えてみました。 
 

 さて、先週、看板をつけることにしたので、そのデザインをしてみました。遠くからでも読めること、春らしいやわらかいイメージであること、内容が一目で分かることをポイントに、作ったのがこれです。
 
 パートナーが色紙で、アクセントを付けてくれたお陰で、なかなか良い感じに仕上がりました。雨対策にポリ袋に入れて完成です。
 さて問題は、もう一枚のほう。お客さんに詩を読んでもらうために、メッセージを入れようと思っているのですが、しっくり来るメッセージが、まだ見つかっていません。

 この後、フリマには参加する気のない子供に、冷静な目で見てもらって、決めていこうかなと思っています。間に合うのか、k-ogasa。

五分の魂



流されぬよう
埋もれぬよう
小さな体に
力を込めて

開設3周年の休憩コーナー

 病気療養中の義母に楽しんでもらおうと、花の写真をケータイで撮っては、メールで送っていた。その義母が他界し、メールで送る代わりにブログという形で発信するようになって、丸3年たった。

 ここは、心構えとか気合とか覚悟とかは、全くいらないし、混み合ってもいない(笑)。 大道芸人のパフォーマンスや、賑やかなパレードなんてのは、夢のまた夢で、ただ、ここに来て、座って、心を潤して、立ち上がって、また歩いてく。k-ogasa にできそうなのは、そんな場所を提供することくらい。

 こぎれいな花壇のある、休憩コーナーのようなブログになればいいな。嫌なことは忘れ、自分を取り戻せる、そんな場所になれば、嬉しいかな。

 アクセスして下さった方々、コメントを下さった方々、交流して下さった方々、本当にありがとう。これからも、よろしく。

k-ogasa

のどけき桜



ベンチに座り
満開だねなんて
呼びかけて見る
愛犬のあくび

幕張アートフリマ 準備中

 絶賛、準備中です。

 5月末に幕張メッセで開催されるフリマは、この前の亀戸のアートフリマと同じく、ポストカードと透明しおりを出展する予定です。
 ディスプレイは、前回のパイプハンガーにウォールポケットが見やすいので、同じにしました。

 変えようと思っているのは、ハンガーの上の看板です。ここに、ポスカのアピールポイントなどを、書こうかなあ、なんて思っているところです。

 写真の「ポストカード屋」は、画像ソフトで書いたものですが、例えば、こんな風にしてみようかと。

 OHPシートを使った透明しおり、今日丸一日かけて制作終了です。合計8種類を、カッターで切り取り、穴を開け、リボンを通します。中年は、目が悪くて、細かい仕事はつらい。しょぼしょぼしる。

 このリボンが曲者でした。短いリボンを、しおりの根元で結ぶのですが、根が不器用なので、うまく結べません。あっちへひねり、こっちへねじりしているうちに、左手の親指と人差し指の間の筋肉が、つってしまいました。足や首の筋肉がつったことはありましたが、手がつったのは生まれて初めて。家内制手工業というものは、いろいろなことが起こるもののようです。

 ポスカは、新作を4作品、合計39種類。詩を読んでもらおうと、長めの詩の作品が中心です。読んでもらうところまで、なかなかいけてないのですが、うまくアピールできないものか、試行錯誤してみようと思います。
 肝心のポスカ自体の準備ですが、新作2作がまだ出来ておらず、10作品以上の在庫製作も、ほとんど進んでいません。なにせプリンタの用紙送りの調子が悪くて、印刷ができないんです。もしかしたら、間に合わないかも知れましぇん。

 近くなったら再告知しますが、5月29・30日は、幕張メッセへどうぞ、お越し下さい。崖っぷちな状況ですが、きっとなんとかなるでしょう。なんの根拠もありませんが。

大きな傘



高いところで
大きく枝葉を広げ
ただ黙々と守ってくれた
この樹のような
父さんと母さん

新しい朝



新しい朝が
やってきた幸せ

ちゃんとちゃんと



この胸に膨らんだ
小さな希望が
ちゃんとちゃんと
花開きますように

著作権へのチャレンジ

 パートナーいわく、

「花にこだわりすぎて、自分を縛っているんじゃない?」

 前回の亀戸のアートフリマでは、嬉しい大量販売はあったものの、皆さんに、気軽に手にとってもらえた、というわけではありませんでした。お隣のブースの荘野真希さん(http://welcome-beautifullife.com/)は、トイレをモチーフにした雑貨屋さんで、大繁盛している様を見るにつけ、

「カワイイものが人気なのだ!」

と思い至ったことは、前回の出展報告のとおりです。

 そこで、こだわりをちょっと棚に上げて、「カワイイ」と「癒し」をコンセプトに、ポストカードを作ってみることにしました。

 手近なかわいいものはと我が家を探索したところ、娘が小学生の頃にもらったぬいぐるみが目に留まりました。もこもこっとしたハリネズミで、癒し系です。こいつで、写真を撮ってみたら、なかなか面白い写真になりました。

 このもこもこを手に取っていると、タグに気が付きました。

「Atelier TOYOKO」

う~む。大変失礼ながら、聞いたこともないが、こいつも著作物。どうしたものか。使用の許可を取るなんて、やったこともないし、そもそも、許可出してくれるのか?

 悩んでいても、許可は出ないので、ダメもとでやってみるかなあなんて、大胆なことを考え、ポストカードのサンプル画像と共に、製造販売元の株式会社シナダさん(http://www.shinada.net/)に、メールを出してみました。

 この株式会社シナダさん、歴史も長く、色々なキャラクターのぬいぐるみ製造を請け負っています。あなたがお持ちの、その有名キャラクターのぬいぐるみも、実は株式会社シナダさん製造のものかも知れないくらい、手広いらしいのです。

 株式会社シナダさんさんのオリジナル商品もたくさんあるのですが、ごめんなさい、ひとつも知りません。(株式会社シナダさん自身、印象に残らないとHPでおっしゃるあたりは、謙虚な会社です)

 で、少ししたら、なんと、返事が来たんですねえ。覚書を締結して、使用料を払ってもらえればOKとのこと。正直、予想外の反応でした。

 ここからは、やったこともない覚書締結です。覚書自体は、株式会社シナダのSさんから送られてきました。個人の小規模な販売活動というところまでご配慮頂き、相当な枚数のポストカードを作らない限り、使用料は気にならないくらいという、親切設定です。

 著作権というのは、やはり難しいものです。日々精進のk-ogasaですが、今回勉強になったのは、同じぬいぐるみの写真を使っても、ポストカード作品ひとつひとつを別物として、個別に著作物の使用許諾を出すということ。例えば、k-ogasaのポスカでは、同じ写真に1行詩と3行詩をつけたりしますが、この場合は、1行詩と3行詩で別々の作品として使用許可を取らないといけないということ。それを知らずに、同じぬいぐるみなら、どんな写真を使っても許可してもらえるものと誤解していたもので、ここには書けない、とんでもない要求を、Sさんに出したりしてしまいました。10枚も売れれば大繁盛という、しがないポスカ作家の、的外れなメールに、粘り強く、丁寧にご対応頂き、本当にありがとうございました。感謝感謝。

 こうして、数ヶ月にわたるメールのやり取りの末、無事に使用OKの運びとなりました。mixtureVol.18から出品していますので、機会がありましたら、見に来てくださいね。

 ちなみに、このぬいぐるみは「ポコ・モコ・ムウ」という名前です。株式会社シナダさんのぬいぐるみは、特に癒し系・ゆるキャラ系が、なかなか良いですよ。

仲たがい

思い出し笑いに
救われたよ





++++++++++


知り合いと
ケンカして
ひどく
落ち込んだ時

何かの拍子に
楽しかった
思い出が
浮かんできました

笑顔って
やっぱり
いいなあ

+++


合わせる写真が
見つからないけれど
捨ててしまうには
惜しい言葉たち

第2回は
これで
おしまいです

進み

時が流れていくのではなく
自分が進んでいくのだと思いたい




++++++++++


時間を
流れに
例えることが
あります

風のように
流れていってしまう

それでは
ちょっと
もったいないような
気がしませんか?

時間を
置き去りにして
進んでいく

格好
つけすぎですか

些細だけれど

人生は
些細な驚きに
満ち溢れている




++++++++++


ゴールデンウィークも
今日で
終わりです

皆さん
リフレッシュ
できましたでしょうか?

旅行に
出かけたり

普段とは
違う時間に
散歩したり

初めての
お店に
入ってみたり

ちょっとした
心遣いに
触れてみる

初めての
景色に
感動する

美味しいものに
舌鼓を
打つ

こうしてみると
プチ驚きや
プチ感動は

実は
たくさんあるのかも
知れませんよ

驚き探し
してみませんか?

ARTs*LABo ポスカ展09 - 自由が丘- に行ってきました

 昨年に続き、ゴールデンウィーク開催の ARTs*LABo の自由が丘ポスカ展に参加中です。5月2日(日)は、作家さんの交流会でしたので、行ってきました。

 自由が丘では、GWに色んなイベントを開催していて、たくさんの人出です。自由が丘といえばスイーツなのですが、それをイメージしたかわいいキャラクターが、出迎えてくれました。子供たちとのふれあいや、飼い犬を抱っこさせられての記念撮影などにも応じ、サービス精神旺盛です。k-ogasaの撮影用にポーズも決めてくれ、立ち去り際に、中年に向かって手を振ってくれました。えらいぞ、ホイップるん。

 この「ホイップるん」、調べてみると、2004年の第1回自由が丘スイーツキャラクターコンテストで公募によって選ばれたキャラクターとのこと。今年は、自由が丘駅77周年らしく、記念イベントで、ホイップるんをモチーフにしたお菓子も販売されるようです。

 さてこの分なら、ポスカ展にも、お客さんがたくさんなのではと、期待に胸を膨らませて会場に入ると、ガラガラです。今年のGWは、天気も良く、暑いくらいの陽気。皆さんアウトドアイベントの方に参加しているのでしょうか。むむむ。
 ポスカの残り枚数をチェックすると・・・、予想はしていましたが、1枚も売れていません。寒いでしゅ。
 


 知っている作家さんもいないので、じっくりと作品を見て回ります。写真系は、やはり少ないですねえ。ただ、海外の風景と人物の写真が、なかなか空気感があって、良いなあと思ったのですが、プロフィールカードがないので、作家名不明。ちょっと残念です。

 そうやってうろうろしていると、きたひであきさんが来られました。ひであきさんは、目黒のグループ展にもお邪魔させて頂いた、大好きな作家さんです。さっそく、30分ほど江ノ島のグループ展や、描き込んだものより、シンプルな作品のほうが目を惹くよね、なんてお話をさせて頂きました。いつお会いしても、優しさの伝わってくる方ですね。

 そのうちに、ひであきさんのお知り合いの方がいらっしゃったので、再び会場内をうろうろし、お客さんの反応を見ますが、k-ogasaの作品には、目もくれません。ふ~む、もっとシンプルを心がけよう。

 もう少し粘ってみようと思ったのですが、急用のメールが入ってしまい、今回は、これで会場を後にしました。遅くまでいらっしゃったひであきさん曰く、18時以降は、だいぶ人が増えたらしいので、もしかしたら売れている・・・わけないか。

 今回も、気になる作家さんをご紹介したいと思います。

うさぎ番長さん:http://goya.b-shock.org/index.html

とにかく、うさぎです。うさぎだらけです。カワイイ・・・わけではないんです、たぶん。でも、なんか目が行ってしまうんです。

まそらかたなさん:http://www9.ocn.ne.jp/~masora/

透明水彩でキャラクターを描いています。まだ、画風が定まっていないようですが、「睡る花」の絵と、女の子の瞳がとても印象的でした。

宮部さちさん:http://keshi.main.jp/top.html

女子高生(位かな)達をモチーフにした、水彩画です。HPでは、年毎に作品を紹介していらっしゃって、今年の作品はすごくいいです。特に「青写真」は、若々しさが感じら、今回のイチオシです。

kayucoさん:http://kayuco.jugem.jp/

写真系の作家さんで、光あふれるお花の写真がいいです。なんだか、お花が喜んでいるような、そんな感じですね。いいなあ、すごいなあ。

 とまあ、ご紹介でした。

 今回は、パートナーが絵を出品しているART METERさんが、アートフリマをやるというので、見に行ってきました。

 3~4名の小さなフリマでしたが、その中の作家さんも、紹介します。

紫雲さん:http://www.art-meter.com/profile/?UserID=010862

1946年生まれの、中国の書道家です。日本ではちょっと見られない、力強い書画を描かれます。動物達の生命力を、感じさせてくれるんです。今でもポスカ買ってくれば良かったと、後悔しきり。

 てなことで、オマケでした。

それしかない

自分の道は
自分で決めて
自分で歩く
それしかない




++++++++++


病気や
怪我など
どうにもできないことも
起こります

受験や
結婚など
人生の
一大イベントもあれば

人との出逢いなど
大きな出来事だったと
後で気が付くことも
あるでしょう

こういう
分岐点は
人生に何度か
訪れます

どんな選択をしても
その責任は
自分が負うしか
ありません

不器用な人ほど

不器用な人ほど
頑張ったことを
認められる
資格がある




++++++++++


手先も
運動神経も
生き方も

なにもかも
不器用です

不器用なくせに
チャレンジャーです

だから
一流どころか
三流にだって
なれません

それでも
応援してくれる人が
必ずいました

だから自分も
応援する人で
ありたいと
思います

+++


詩を作ってはみたものの
合わせる写真が
見つからない

捨ててしまうには
惜しい言葉たち

心の中から
じわっとわいた
そんな詩たちを
送り出す

昨年12月に続き
第2回です


プロフィール

k-ogasa(ケイオガサ)

Author:k-ogasa(ケイオガサ)
デジカメで、花と写真を楽しんでいます。感じたものが、少しでも伝えられたらいいなあと思います。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード