宝探し

 

足元に咲く
幸せを見つけよう
スポンサーサイト

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

人と違うこと

 

人と違うこと
欠点と呼ばれたり
個性と呼ばれたり
才能と呼ばれたり

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

アーティストフェスタIN幕張で、交流させて頂いた作家さん

 遅ればせながら、アーティストフェスタIN幕張で、交流させて頂いたアーティストさんで、なかなか興味深かった方を、2名ご紹介したいと思います。

 一人目は、2日目にお隣さんになった、あずまきょうさん(http://homepage2.nifty.com/axk/azuma.html)。あちらこちらで出展活動をされているらしく、地名の入ったTシャツなんかを各種取り揃え、土地に合わせて繰り出しています。
 それより特筆すべきは、カメなんです。カメをモチーフにした作品をたくさんの製作され、それを、カメ好きの集まるイベントなんかにも出展しているくらい、カメに思い入れを持って望んでいるのです。カメ人間のk-ogasaが、そのカメグッズを物色していると、色彩的にもデザイン的にも素晴らしい缶バッチを見つけました。
 

 枝豆からカメが覗いているものですが、これにはストーリーがあるのだそうです。なんでもこの3頭のカメは、シンクロナイズドスイミングの選手達で、カメリンピックシンクロ代表、東洋のサファィヤという異名を持つのだとか。なんというか、この缶バッチの中に、そんな設定まで込めて製作する姿は、頭が下がります。そういう設定に、自由な発想でどんどんストーリーをふくらます、馬鹿馬鹿しければ馬鹿馬鹿しいほど、楽しいものです。

 二人目は、R.M.さん(http://royce55.web.fc2.com/kalimba.html)です。行商活動歴の長い先輩アーティストで、様々な情報を教えて頂きました。ありがとうございます。一応作品を紹介しますと、カリンバという身近な素材で作る楽器で、細くて薄い鉄の板等を、指で弾いて鳴らすもの。自分にしっくりくるように、音に雑味というか、深みというか、個性というか、そういうものを加えるのも、大切な要素となっているのだそうです。一度指で 、びよ~んびよ~んと弾いてみると、いつのまにか無心で弾いてしまうような、不思議な吸引力があるんですね、この楽器。

 この方の特筆すべき点は、k-ogasaと同じジャンルの人間だと言うことです。風貌は全く違います。しかしどうやら、いると暇に見えてしまう、そんなジャンルなのです。仮にこの人種を、ヒマントスと名付けます。ヒマントスは、よく声をかけられます。 「付き合ってもらえませんか?」 とか、それに類するものでは、勿論ありません。どちらかというと

「○○には、どう行けばいいですが?」
「この電車は、○○に行きますか?」
「カメラのシャッターを押してもらえませんか?」
「アンケートをお願いします。」

といったものです。R.M.さんは、人との待ち合わせで忙しかったのに、やたら声をかけられて困ったエピソードを、披露して下さいました。でも、アートフリマで客待ちしている様子を見ていると、大変失礼ながら、k-ogasaにも、雰囲気がとても暇そうに見えます。緊張感とか、張り詰めたものとか、そういうものが伝わりにくいのでしょう。

 ということは、k-ogasaも、そんな風にしか見えないと、こういうことなります。たしかに、普段ゆるゆるの風貌していますもんね。7月19日に品川インターシティーで、ゆるんだやつを見かけたら、きっとk-ogasaだと思います。はい。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

品川インターシティフリーマーケットに出展します

 品川インターシティフリーマーケットに出展します。
 約1年ぶりの参加です。最近、行商づいています。

+++++ 参加情報 +++++

参加日:2010年7月19日(月・祝日)

*品川インターシティフリーマーケットは7月18日~19日とやってますが、k-ogasaは19日(月・祝日)のみ参加です。
*室内なので雨天でもやります。

開催時間:10:00~16:00

会場:東京都港区港南2-15-2 品川インターシティ 地下1階

アクセス:JR品川駅港南口

http://www.sicity.co.jp/a/a02.html

サイト:http://www31.ocn.ne.jp/~recycler/kaijyou_data/shinagawa.html

同時出展:パートナーCanakoの水彩画

ttp://canako08.blog8.fc2.com/

++++++++++++++++++++

 リサイクル品の販売もあって、普通のフリマの中でポスカも売っています、という感じです。k-ogasa、ここで三脚買いました。
 今回、新作は間に合わないかも知れませんが、写真を差し替えた改作は、準備予定です。暑中見舞いも、作りたいなあ。

 いつもの行商のように、パートナーのCanakoの水彩画も同時出展予定です。最近よく、ネコ描いています。お気軽においで下さい。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

祈り

 

あなたが
笑顔で
いられますように

あなたが
幸せで
いられますように

あなたが
穏やかで
いられますように

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

ARTs*LABo ポスカ展09 - 自由が丘- に行ってきました

 昨年に続き、ゴールデンウィーク開催の ARTs*LABo の自由が丘ポスカ展に参加中です。5月2日(日)は、作家さんの交流会でしたので、行ってきました。

 自由が丘では、GWに色んなイベントを開催していて、たくさんの人出です。自由が丘といえばスイーツなのですが、それをイメージしたかわいいキャラクターが、出迎えてくれました。子供たちとのふれあいや、飼い犬を抱っこさせられての記念撮影などにも応じ、サービス精神旺盛です。k-ogasaの撮影用にポーズも決めてくれ、立ち去り際に、中年に向かって手を振ってくれました。えらいぞ、ホイップるん。

 この「ホイップるん」、調べてみると、2004年の第1回自由が丘スイーツキャラクターコンテストで公募によって選ばれたキャラクターとのこと。今年は、自由が丘駅77周年らしく、記念イベントで、ホイップるんをモチーフにしたお菓子も販売されるようです。

 さてこの分なら、ポスカ展にも、お客さんがたくさんなのではと、期待に胸を膨らませて会場に入ると、ガラガラです。今年のGWは、天気も良く、暑いくらいの陽気。皆さんアウトドアイベントの方に参加しているのでしょうか。むむむ。
 ポスカの残り枚数をチェックすると・・・、予想はしていましたが、1枚も売れていません。寒いでしゅ。

 知っている作家さんもいないので、じっくりと作品を見て回ります。写真系は、やはり少ないですねえ。ただ、海外の風景と人物の写真が、なかなか空気感があって、良いなあと思ったのですが、プロフィールカードがないので、作家名不明。ちょっと残念です。

 そうやってうろうろしていると、きたひであきさんが来られました。ひであきさんは、目黒のグループ展にもお邪魔させて頂いた、大好きな作家さんです。さっそく、30分ほど江ノ島のグループ展や、描き込んだものより、シンプルな作品のほうが目を惹くよね、なんてお話をさせて頂きました。いつお会いしても、優しさの伝わってくる方ですね。

 そのうちに、ひであきさんのお知り合いの方がいらっしゃったので、再び会場内をうろうろし、お客さんの反応を見ますが、k-ogasaの作品には、目もくれません。ふ~む、もっとシンプルを心がけよう。

 もう少し粘ってみようと思ったのですが、急用のメールが入ってしまい、今回は、これで会場を後にしました。遅くまでいらっしゃったひであきさん曰く、18時以降は、だいぶ人が増えたらしいので、もしかしたら売れている・・・わけないか。

 今回も、気になる作家さんをご紹介したいと思います。

うさぎ番長さん:http://goya.b-shock.org/index.html

とにかく、うさぎです。うさぎだらけです。カワイイ・・・わけではないんです、たぶん。でも、なんか目が行ってしまうんです。

まそらかたなさん:http://www9.ocn.ne.jp/~masora/

透明水彩でキャラクターを描いています。まだ、画風が定まっていないようですが、「睡る花」の絵と、女の子の瞳がとても印象的でした。

宮部さちさん:http://keshi.main.jp/top.html

女子高生(位かな)達をモチーフにした、水彩画です。HPでは、年毎に作品を紹介していらっしゃって、今年の作品はすごくいいです。特に「青写真」は、若々しさが感じら、今回のイチオシです。

kayucoさん:http://kayuco.jugem.jp/

写真系の作家さんで、光あふれるお花の写真がいいです。なんだか、お花が喜んでいるような、そんな感じですね。いいなあ、すごいなあ。

 とまあ、ご紹介でした。

 今回は、パートナーが絵を出品しているART METERさんが、アートフリマをやるというので、見に行ってきました。

 3~4名の小さなフリマでしたが、その中の作家さんも、紹介します。

紫雲さん:http://www.art-meter.com/profile/?UserID=010862

1946年生まれの、中国の書道家です。日本ではちょっと見られない、力強い書画を描かれます。動物達の生命力を、感じさせてくれるんです。今でもポスカ買ってくれば良かったと、後悔しきり。

 てなことで、オマケでした。

一歩

 

自分を変えるスイッチは
目の前に並んでる

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

父の日に贈る物

 今日は、父の日です。

 父の日といっても、大したことはしていない親不孝ものです。以前は、手描きのメッセージを家族で描いて、FAXで送っていました。しばらくして、父がケータイを持つようになると、メッセージをメールで送るという、お手軽な方法に変えました。
 ポストカードを作るようになってからは、自家製ポスカを送っています。今年送ったものは、先ほど投稿したポスカで、黄色のバラの写真を使いました。詩は以前のものと同じという、ちょっと手抜きですが、なかなか気持ち良い感じに仕上がったなと思ってます。

 そして今は、怪しい苗を贈っています。

 昨年春に、父親は何を思ったのか、

「南国フルーツの苗を買って送ってくれ。こっちじゃ売っていないから。頼んだよ。」

ってな電話をよこしました。普通に考えて、父親の住む青森県津軽地方の雪国で、南国フルーツの苗を売っているほうが不思議です。今住んでいる千葉県にだって、そうそう売っていませんから。

 一方的に頼まれても困りますが、パートナーが、文明の利器であるネット通販で探し出してくれました。値段もそこそこで、耐寒性が弱すぎないあたりを探した結果、昨年はパッションフルーツとスターフルーツを贈りました。
 そして今年は、ジャンボチカバという、ブドウのようなスモモのようなやつを贈ってみました。k-ogasaは、食べたことすらありませんが、そういうやつのほうが面白いようです。普段は電話にもでない父親が、この時だけは向こうから電話してくるのですから。

 栽培成績はあまり芳しくないようですが、こんなんで親孝行になるなら、よしとしましょう。

手の中の光

 

どんな時だって
やれることがあるってことは
希望があるってことなんだ

お父さん(2)(No.P-052)

 

いつも思ってるけど
なかなか言えないこと
お父さん
ありがとう

時々(No.P-049)

 

時々
上を向いて
少し先の夢とか
探してみる

温もリレー

 

温もりを手渡そう
途切れないように
優しさを手渡そう
途切れないように

ぐうとぱあ

 

包み込む方が
幸せなのか
包まれる方が
幸せなのか

希望



希望は
前を向いて
進んだ者に届く

爬虫類・両生類好きの女子たち

 我が家の女性陣は、爬虫類や両生類が好きです。嬉々として、へんちくりんな姿の蛙をリアルに描いたり、見つけたカナヘビの写メで、何十分も盛り上がったりしています。

 そんな家の駐車場に、爬虫類が登場したら、それは熱烈歓迎に決まっています。

 この、小さな小さなお客さんを、写真に収めようと、静かに近づきますが、逃げ足が速い。そこで、ちょっくら捕まえてみることにしました。なんの道具も策略も無く、手を「えいっ!」とかぶせたら、あっさり捕まってくれました。

 「飼わないからね」

そう言い置いて、写真撮影に出かけたのですが、その間、ミニ水槽に入れられて、写真を撮られまくっていたようです。

 どうやらお客さんは、ヤモリのようです。小1時間で、無事解放されたようですが、だいぶ迷惑だったことでしょう。我が家の周りにも最近、昆虫や多足生物が増えてきましたので、適当に、そのへんを召し上がって頂ければ幸いです。
 最後は、ヤモリらしい1枚で。

ひだまり



ひだまりで
元気もためて
また立ち上がる

僕のペット



僕のペットは
強気犬
最近ここに
棲みついた
危ないとこに
潜り込み
叱られたって
そっぼ向く
それでもそいつは
この僕が
落ち込んでたら
フンフンいって
遊ぼうよって
舐めるんだ

僕のペットは
弱気犬
いつからいるか
分からない
放っとかれると
キューキュー鳴くし
チョットいじると
爪立てる
それでもこいつは
この僕が
危ないときに
ウーウー唸り
ちゃんと
教えてくれるんだ

また




上を向いてみる気持ち

まっすぐに



私だって
伸びられる

まっすぐに
しなやかに

風船



その手を離したら
いなくなっちゃうから

シャワー



香りのシャワーで
頭をリフレッシュ
花のシャワーで
心をリフレッシュ

アーティストフェスタ in MAKUHARI に参加してきました

 5月29日(土)・30日(日)、千葉市の幕張メッセで行われたアーティストフェスタ in MAKUHARI に参加してきました。年に2回、東京都の亀戸で開催される mixture creators' marketとしての、臨時開催という感じです。

 さて、今回の重要キーワードは、忍耐と交流です。

 第一キーワードの忍耐は、初日土曜日の朝から始まります。
 土曜日の朝、起きてみると、天気予報どおりの曇天。朝食を終えると、霧雨。参加したものかどうか迷っていると、

「開催準備はしますので、参加するかどうかは、出展者の判断に任せます。」

 とのメールが、主催者から届きます。現実には、この時点で参加を断念された方もいらっしゃったようですが、行くだけ行ってみるかということで、パートナーと二人、幕張メッセに向かいます。会場に着くと、参加予定より少なかったものの、既にブースが出来ていました。こちらもさっそく、設営にかかります。これが完成図。苦労して作った看板などは、いい感じなのですが、透明しおりのディスプレイが、かちっと決まらず、困ったときのガムテープということになりました。



 設営が終わったあたりで、また霧雨が降り出します。このまま続けようかどうしようか、出展者同士が、ケータイで天気予報を見ながら相談しますが、また雨が上がり、中途半端な状態が続きます。ここから本格的な忍耐が始まります。

 風が強まり、体感気温がさらに下がりました。屋内で開催される旅フェアには、たくさんの来場者が来ていますが、早く暖かい所に行きたいと、足早に会場へ、あるいは駅へと去って行き、出展ブースには足を向けようとしません。気持ちは良く分かります。我々だって出展料を払ってなかったら、そうしたいところです、ええ。
 スタッフの皆さんは、こんな中でも、少しでもお客さんに足を留めてもらおうと、呼び込みをしてくれています。本当に、お疲れさまです。

 しかし、努力しても天気には勝てず、どうもお客さんの来店が望めないと開き直った出展者が、3人集まっては情報交換を始めました。第二のキーワードの、交流です。

 出展イベント情報や製作の苦労話、来場者数1万人を超えるとニッチな商品でも売れるようになるという微妙な情報、かなりマニアックな淡水魚飼育の趣味の話題から、何を買おうか迷う出展者さんの子供さんに、人生を語るk-ogasa、それはそれは、ありとあらゆる話題が飛び交い、これまでにない、和やかでとても良い経験です。アーティストやクリエイターを志す人は、大抵逆境を経験しているものなので、こんなときでも楽しむすべを持っているのでしょう。人間の強さなのかも知れません。また、基本的にカドの取れた方が多かったせいで、製作に関する意見の衝突から、つかみ合いの喧嘩に発展するなんていうことも、もちろんありませんでした。

 前日の忍耐を経験すると、人間は環境に適用するらしく、日曜日の曇天・やや風・肌寒さくらいなら、苦になりません。お隣の麻ひもバック屋さんの子供さんが寒さに震えていたら、ウィンドブレーカーを貸してあげるくらいに、心にも装備にも余裕があります。
 また、土曜日に交流のあった出展者さんとは、自然に会話も進み、至極和やかな雰囲気です。こうでなくてはいけません。

 それより何よりありがたいのは、日曜日は、旅フェアの来場者が、出展ブースに足を運んでくれることです。ブースの並びを工夫して、奥のほうへの向かう流れを作ったこと、お腹と背中にmixtureの看板を下げたサンドイッチマンが、呼び込みを行ったこと、拡声器を使って、各ブースの紹介をしてくれたことなど、スタッフの創意工夫が随所に見られ、成果が上がっているのです。エクセレント/すばらしいという意味です。

 k-ogasa的にも、看板効果で、ポストカードに視線を向け、立ち止まって読んでくれる人が増えたことが、実感できました。販売には、あまり貢献しなかったのですが、そこはそれ実力ということで。
 さらに嬉しかったのは、リピーターさんの登場です。前回の亀戸mixtureでもご一緒した作家さんが、

「新作はないんですか? 母に買って行きたいので。」

 と言って下さったことです。もちろんありますよ。しかも、お母様にぴったりの「人生がんばってる系」が。嬉しくて、購入のおまけとして、これも新作の「お母さんありがとうカード」を付けさせて頂きました。

 この頃になると、暖かい陽も差すようになり、この世界の何もかもが優しさに満ちているような、そんな錯覚に陥ります。ええ、錯覚です。

 さて最後は、mixture creators' marketのスタッフの方々との交流で、締めくくりです。
 土曜日の受付の時に、いきなり本名で呼ばれて、実はびっくりしました。知らない間に記憶に残るくらいの何かをやらかしてしまったのだろうか、とか、時代がやっとk-ogasaに追いついてきたんだろうか、とか、いろんなことを考えてしまいましたが、何のことはない、申込みが一番最初だっただけ、というオチ。
 そんな話から始まり、mixtureの企画が本当に出展者に喜んでもらえているのだろうかといった、スタッフなりのお悩みもお聞きしてしまいました。k-ogasaの亀戸mixture出展報告が、そのお悩みにお応えしていたようで、癒し系共感詩人の面目躍如といったところでしょうか。改めて書きますと、k-ogasaとCanakoにとって、作品に対する正直な反応を感じられる場となっていること、様々嬉しい出来事が起こるイベントであること、スタッフの方々のがんばっている姿が感じられる大きすぎない規模であること、ですね。このスタッフの方々との立ち話も、クリエイト活動がいつもより余分に体にしみこんだような、そんな嬉しい交流でした。

 購入してくださった方、綺麗ねといって下さった方、目を留めて下さった方、交流してくださった作家さん、とても苦労されたスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

 おまけ。
 DOG BRUNAさんのワンちゃん、可愛いので、つい、撮らせて頂きました。これに詩をつけて、新作にできないものかと、思案中です。写真の出来がよければいいけど、さあて、完成までたどり着けるのでしょうかねえ。
プロフィール

k-ogasa(ケイオガサ)

Author:k-ogasa(ケイオガサ)
デジカメで、花と写真を楽しんでいます。感じたものが、少しでも伝えられたらいいなあと思います。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード