つぼみ

20100206 つぼみ.jpg

つぼみの力を信じて
冬の時代に春を待つ

スポンサーサイト

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

mixture vol.20 に出展します

 次の土日に、第20回 mixture creators' market に出展します。
 大震災の影響で、開催が危ぶまれておりましたが、やることになったようです。電気をほとんど使わない屋外のイベントなので、皆さん遊びに来てください。

+++++ 参加情報 +++++

参加日:2011年4月2日(土)・3日(日)

開催時間:11:00?18:00

会場:東京都江東区 亀戸サンストリート マーケット広場

アクセス:JR総武線 亀戸駅 東口より徒歩1分
http://www.sunstreet.co.jp/
*雨天中止です。

亀戸サンストリートサイト:http://homepage2.nifty.com/marc-y/
mixture creators' marketサイト:http://mcnb.blog53.fc2.com/

20110327 mixtureフライヤー.jpg 

当日は、パートナーのCanakoの水彩画も同時出展予定です。
http://canako08.blog8.fc2.com/

参加予定の作家さんが紹介されています。
http://www.h4.dion.ne.jp/~k-m.hp/mcm_20_entry.html

++++++++++++++++++++

 今回は、54作品を出展しますが、そのうち22作品が新作で、写真を素材にしたグラフィック作品なんかも出す予定です。出来はともかく、たくさん作っちゃいました。k-ogasaのポスカで、元気のおすそわけができればいいなと、思っています。

 昨年春の開催の様子はこちら:http://blog.goo.ne.jp/felix-1/e/bf5fee7cf63be9f23a3a2abf5e2ae027

過剰な正義?

 西尾維新のライトノベルに、「化物語」シリーズというのがある。怪異を取り巻く世界観、独特の言葉遊びや会話、特徴的過ぎる登場人物が人気で、アニメ化もされている。
 特徴的過ぎる登場人物のひとりに、羽川翼という女子高生がいる。アニメの中では、かわいいメガネの委員長キャラだが、知らないことがないくらい知的で、正義感にあふれ、公明正大で、清廉潔白という性格。この度合いが、人並み外れているのが特徴的過ぎる所。こんな羽川を見てイライラし、つい手を挙げてしまった育ての親に、「女の子の顔を殴ってはダメなんだよ」と、冷静に説教してしまうというエピソード付きだ。
 正義をずうっと見せ付けられ続けるのは、自分のダメさ加減をずうっと見せ付けられ続けるのと同じで、やはり苦痛だろう。イラついて、つい手を挙げてしまう、育ての親の気持ちも理解できる。

 とはいえ、ここまでの清廉潔白さや正義感は、小説の中の話だろうと思っていたのだが、それに近い事が、現実に起こっていた。

 南関東限定かも知れないが、東北関東大震災の影響で、企業がテレビCMを自粛し、代わりにACジャパンによるCMが流れている。妊婦さんやお年寄りに思いやりを発揮しようとか、挨拶をしようとか、子供の世話をしようとか、優しい言葉で話しかけようとか、検診を受けようとか。こんな清廉潔白で正義感溢れるCMが、何度も何度も何度も何度も何度も何度も、そう1時間に10回も流れていたのだ。

 最初は、へえと思っていたが、だんだんうっとおしくなり、沈鬱な空気が漂うようになった。最近では、k-ogasa家みんなが目をそらすようになってしまった。あの時、寝たふりをして席を譲らなかったとか、機嫌が悪くてトゲのある言い方をしてしまったとか。自分のダメさ加減を見せ付けられ、それに耐えられなくなっているようだ。それどころか、k-ogasaにいたっては、本物の妊婦さんなら、あんな風にお腹の上の方に服のしわは寄らないと、逆ギレ気味にあら探しなんか始めちゃったりして、器の小ささを遺憾なく発揮している。

 少なくともk-ogasa家では、本来のCMの趣旨とは、逆の効果を発揮していることは間違いない。

明日は

 20100206 明日は.jpg

楽しいことを知って
前向きになろう
辛いことを知って
優しくなろう

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

おひょ(No.P-063)

  20110116 おひょ.jpg

たぬき寝入りも
してらんないか

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

未曾有の大震災

 今回の大震災で亡くなられた方の、ご冥福をお祈りいたします。また、被災された方々が、1日でも早く通常の生活に戻られることを願っております。

 東北や北関東の太平洋側での被害の状況、厳しい避難所生活などなどは、多くの報道でご存知の方も多いと思います。千葉県に住むk-ogasa家では、お皿が1枚割れただけでした。近所さんにも、目立った被害は見当たらなかったのですが、思わぬところに、爪痕がありました。

20110320 壊れた鳥居 .jpg

 神仏も無傷ではいられなかったようです。鳥居が崩れかかっていたり、拝殿の瓦が落ちたりで、余震で人に当たったら大変なので、立ち入り禁止にしていました。重機がないと、直せないでしょうね。

 さて、今回は何も出来ない自分にいらだつ大震災でもあります。

 仙台在住の弟夫婦や義理の姉夫婦が、地震で被災し、命に別状はないものの、家財にはそれなりに被害がありました。停電や断水の中、まず連絡を入れること自体が、家族間の唯一の連絡手段となっている携帯電話のバッテリーを減らしてしまうことになるため、控えなえればならないことの筆頭でした。心配性で話の長い母親は、最初にがっちりと釘を刺されていました。次に、片付けなどの手伝いに行っても、食料や燃料の点で、かえって負担になってしまうので、これも我慢することが一番だと、心配性の母親と自分に言い聞かせています。

 現実に、k-ogasaより強い思いと高い志で復興に取り組んでいる方々もたくさいらっしゃいますので、単なる言い訳を言っているだけなのでしょう。
 こんな思いでいたところ、ある報道を目にしました。甚大な被害を受けた岩手県の陸前高田市のある避難所となった中学校の体育館に、「ガンバロー高田」と大きく書かれた模造紙が張り出されたのです。中学校の生徒たちが、自分たちも含めた被災者に、元気を取り戻して欲しいと願い、書いたものです。
 これを見た時、k-ogasaにも出来ることがあると思いました。k-ogasaの稚拙なポストカードでも、弟夫婦や義姉夫婦を、ちょっとは元気付けられるかも知れないと。阪神淡路大震災の時、宅配便は届かなかったが、郵便は届いたことを思い出し、郵便局へ確認に行ったら、郵便はできるだけ届けるとの心強い返事が返ってきましたので、早速送ったところ、翌日に到着。えらいぞ郵便やさん。

 また、希望というものは人に力を与えるのだと思い知らされました。

 姪っこが、出産のために義姉夫婦の家に戻っていて、そこで大震災に遭遇しているのですが、ご近所さんが、妊婦は栄養を取らないとだめだと、食料を分けてくれるらしいのです。自分たちだって苦しいのに、小さな命を気遣って、優しさのおすそ分けをしているのです。辛く苦しいからこそ、新しい命は皆の希望の象徴なのでしょう。本当に、人は優しくて強いです。

 まだまだ大変な状況は続くでしょうし、ひとりひとりを見ると、悲しく辛いこともあろうかと思います。でも、希望を失わず、やれることをやっていけば、とんな形であれ被災地域は立ち直れると思っています。小さな命だって、強いのですから。

新たな季節(No.I-003)

20100124 新たな季節.jpg

新たな季節
新たな風
新たな光

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

不格好

20100206 不恰好.jpg

苦手なことが
不格好で何が悪い
 格好よくなんて
できないんだよ

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

先のこと

 20100206 先のこと.jpg

雪が溶ければ
見通しも良くなるさ

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

k-ogasa(ケイオガサ)

Author:k-ogasa(ケイオガサ)
デジカメで、花と写真を楽しんでいます。感じたものが、少しでも伝えられたらいいなあと思います。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード