お伊勢さんのおかげ横丁

 先週のつれづれは、伊勢神宮へのお参りのお話でしたが、今回はそのすぐ近く、お土産店等がずらりと並ぶ「おかげ横丁」でのお話です。

 伊勢神宮のお土産といえば「赤福」ですが、それは最後に書くとして、一番最初は、「ふくすけ」の「伊勢うどん」です。k-ogasa家では唯一、子供が友達からもらって食べただけ。その感想たるや

「柔らかいうどんより、讃岐みたいなつるつるの方が好き!」

という、取り付く島のないものでした。食べた方が良いのかどうかが微妙な感じの「伊勢うどん」、百聞は一見にしかずと言いますから、食べて見ることにしました。

20120422 伊勢うどん.jpg

 見た目は普通のうどんに、黒っぽい汁がぶっかけてあるだけの、シンプルなものです。うどんを1本つまんで口に入れると、

「む?」

や、柔らかい。スポンジ的、海綿的に柔らかい。このフカフカなうどんに、甘辛の汁がからんで、なにか不思議な美味しさがあります。店内に貼ってある美味しい食べ方は、少量残る汁も飲みきるというもの。確かにスプーン1杯分くらい残った汁も、コクがあって美味しいです。

 お次は、「伊賀くみひもの平井」の「組紐」です。昔は、貴族の衣装や、鎧の紐に使われたとか。絹糸を編んだしっかりした組紐です。伝統的な技法で作ってありますが、デザインは現代的で、本当にしっかりしたストラップで、携帯の穴を通すのにちょっと苦労しましたが、とても気に入っています。

20120422 伊賀くみひも.jpg

 その次は、「吉兆招福亭」の「招き猫」。

20120422 招き猫.jpg

 ここは招き猫専門店。でっかい石の招き猫が目印で、店内も招き猫だらけ。大きさも様々ですし、良く見かける小判の付いた丸顔のやつもあれば、寝転がったやつもあります。お店に入っただけで、なんか幸せな笑顔になるから、不思議なものです。
 その中から選りに選って、一番愛嬌のあるやつを選んでみました。別売りの赤い座布団に座らせてみます。我が家に笑顔を、どんどん運んで欲しいと思います。

 最後はお待たせの「赤福」です。
 本店はとても混むので、横丁のはずれにある五十鈴川店でゆったりと頂きます。

20120422 赤福.jpg

 香ばしく上品な味のほうじ茶が、しっとりとしたあんこと、やわらかなお餅に、まあ合う事。名古屋駅で買うお土産の赤福とは、一味違います。いつもと同じとは思えない、ゆっくりとした時間が流れる、心地よい空間も、存分に楽しませて頂きました。

 ごちそうさま。

スポンサーサイト

不器用者の希望

20120415 不器用者の希望.jpg

不器用者にも
希望があっていい
大袈裟でも
控えめでも
道のり遠くて
人より時間がかかっても

不器用者こそ
希望があっていい
小さくても
笑われても
心折れたって
また立ち上がるために

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

20120415 夢.jpg

形の曖昧なものを
夢というのなら
未来は
夢そのものだ

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

雨のお伊勢参り

 久しぶりに、3連休が取れることになった。このまま普段の休みのように、グッタリと過ごすのはもったいない気がして、思い立って伊勢神宮に行くことにした。k-ogasaは、十数年前に行ったことがあるが、パートナーは行ったことがないと以前から聞いていたので、行き先に迷うことはなかった。

 天気予報は曇りと出ていたが、二日間ともあいにくの雨。気温が下がらなかったのが、せめてもの救いだった。外宮は「陰」、内宮は「陽」の場所。陰鬱な外宮から、陽気な内宮の順番でお参りする方が、気持ち良いのだそうだ。伊勢市駅前に宿を取ったので、近いこともあり、外宮からお参りする。

a-20120422 外宮1.jpg a-20120422 外宮2.jpg

 雨のせいか、参拝客も少なく、観光地のような気がしないものの、でっかい鳥居が、日本で一番の神社の風格を醸し出していた。参拝を終えた人びとが、この鳥居をくぐると、くるりと拝殿のほうに向きを変え、最後の一礼をして帰る姿が、印象的である。日本人の中にある敬う心が、こんなところに自然に現れていた。
 k-ogasaも鳥居をくぐり、境内に足を踏み入れると、大きな木々がうっそうと茂り薄暗い。確かに「陰」の場である。そんな薄暗い中、新緑のカエデの葉が、目に飛び込む。みずみずしい緑が、実に明るく美しい。

a-20120422 外宮4.jpg

 外宮は、他の神社とは違ってきらびやかな拝殿などはなく、苔むした拝殿が、厳かなた佇まいでそこにあるだけである。

a-20120422 外宮3.jpg

 外宮はそれほど広くはなく、ゆっくり巡っても1時間ほど。写真撮影などしながら、ゆるゆると巡る。途中でパートナーが見つけたカタツムリなども、パチリ。

 a-20120422 かたつむり.jpg

 翌日、伊勢市駅からバスで30分ほどの内宮に向かう。内宮は、敷地も広く開放感があり、参拝客が行列をなしている。「陽」の場所だというのも、うなずける。

a-20120422 内宮2.jpg a-20120422 内宮1.jpg

 境内は、樹木や植物の手入れが行き届き、敷き詰められた苔が、そぼ降る雨に濡れて、とても美しい。晴れた日の気持ち良さも素晴らしいが、雨の日の緑も、とても美しいと思う。

a-20120422 内宮3.jpg

 桜は終わってしまったが、ツツジや他の花々が、緑に彩を添えていた。撮影には不向きだが、雨でしかできない風景の撮影にチャレンジ。ブロワーでレンズの水滴を吹き飛ばしながらの撮影となった。

a-20120422 内宮4.jpg

 さすがに歴史の長い場所だけあって、たくさんの大木に出くわす。風日祈宮(かざひのみのみや)に向かう鳥居の柱と、その隣の木。この木の何倍もの太さの木が、そこかしこにある。苔なんかも、ビッシリで、長い長い時間が流れたことが伺える。

a-20120422 内宮5.jpg a-20120422 内宮6.jpg

  結構ビシャビシャと降る雨の中、最後は「正宮」。石段を登ったら撮影禁止なので、下からの写真で。

a-20120422 内宮7.jpg

 雨振り、かつ、ピンボケ写真で申し訳ない。雰囲気だけでも伝われば。
 たくさんの参拝客でごった返す内宮は、外宮のような厳かさよりは、賑やかさのほうが勝っていて、まさに「陽」の場であった。来年は式年遷宮の年とのことで、新しいお社の工事が隣で行なわれていた。たくさんの人でごったがえすのだろう。

 パワースポットの持つ、普段とは違う雰囲気に包まれて、やはり来て良かったと思う。ただ、雨の中を歩き回ったせいだろう。帰って来て、夜に焼酎のお湯割りをちょっと飲んだら、すぐに酔いつぶれてしまった。

水のように

20120415 水のように.jpg

水のように
静かに流れる人生に
水のように
穏やかに幸せが流れる

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

梅も桜も

20110522 梅も桜も.jpg

梅も桜も
冬を越えねば
花は咲かない

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

花メール なんとなく静かに再開します

 しばらくお休みしていました花メール、なんとな~く再開します。 まだまだ仕事はドタバタで、睡眠不足状態なのですが、自分の リズムを少しずつ取り戻そうと思います。更新頻度は落ちますが、またゆるゆるな写真詩を始めます。

 実は、mixture creater's market の参加報告を一番にやろうと思っていたのですが、開催の調整が付かなかったようで、春mixture は、なしとなってしまい、とても残念です。 ということで、春は京都の artDive からの始動になりそうです。正式に決まりましたら、また告知しますので、しばしお待ちを。 それでは、ゆるゆる休憩ブログ、改めてよろしくお願いします。

プロフィール

k-ogasa(ケイオガサ)

Author:k-ogasa(ケイオガサ)
デジカメで、花と写真を楽しんでいます。感じたものが、少しでも伝えられたらいいなあと思います。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード