mixture vol.22(?) に出展します

 またまた、第22(?)回 mixture creators' market に出展します。
 今回は1日だけの開催ですが、盛り上げて行きましょう。

+++++ 参加情報 +++++

参加日:2012年11月17日(土)
開催時間:11:00~18:00
会場:東京都足立区 西新井パサージオ
アクセス:東武伊勢崎線 西新井駅 西口より徒歩1分
http://www.passaggio.jp/access
*雨天決行です。

mixture creators' marketサイト:http://mcnb.blog53.fc2.com/ 

いつものように、パートナーのCanakoの水彩画も、同時出展予定です。
http://canako08.blog8.fc2.com/

++++++++++++++++++++

 春は諸事情により開催がなかったので、とても残念に思っていました。場所も変わり1日だけの開催となりますが、作品を発表できる場があることは、何より嬉しいことです。
 いつものように、ポストカードとやわらかしおりを出展します。ポスカの新作も出しますよ。


 また、k-ogasa のポスカで、元気のおすそわけができればいいなと、思います。

スポンサーサイト

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

十和田・奥入瀬紀行にいってみた(その2)

 先週の十和田湖に続いて、今週は奥入瀬渓流の撮影旅行の様子を紹介しよう。

 奥入瀬渓流の魅力は、その複雑な流れと、様々な滝の面白さである。

20120922 奥入瀬渓流1 20120922 奥入瀬渓流2

 大小様々な岩に裂かれるように、右に左に下に方向を変えながら流れていく。

20120922 万両の流れ

 そして、倒れた木々を洗うように、長い時間をかけて成長した苔やシダに命の水を与えながら、流れていくのだ。

 奥入瀬は、蛇行しながら流れていくメインの渓流のほかにも、木々の間、いたるところを水が流れている。全く別の方向から水の流れる音が聞こえてきたかと思うと、滝が現れる。

20120922 寒沢の流れ

 寒沢の流れ。層になった岩を、何段も何段もリズムよく、飛び跳ねるように水が流れてきては、道の下を通って、合流する。左右から、色いろな流れを集めて、少し大きな滝になる。

20120922 銚子大滝
 銚子大滝。豊かな水を叩き付け、水煙を巻き上げて、シダを潤し、ゆっくりと流れを下っていく。広がっては集まり、分かれては結び、大小の流れを集めながら、ゆっくりと下っていく。

 しばらく渓流脇を歩く。突然、頭の上から胡桃の皮らしきものがと落ちてくる。小動物が、木の上から落としたのか、乾燥して自然に割れたのか。
20120922 白布の流れ
 遠くから、小さな水音。白布の流れ。立ち並ぶ木々の間から、たおやかな水の立ち姿がのぞく。
20120922 雲井の滝
 また遠くから、今度は大きな水音。雲井の滝。圧倒的な水量と落差が生む、迫力のある男性的な滝。

 奥入瀬は、少し前まで、もっと人の身近にあった豊かな自然が、ぎゅっと凝縮されたような、そんな風に感じている。その感じ方は、k-ogasa のノスタルジーなのかも知れない。それはさておいても、秋の紅葉、初夏の新緑、静かな時間、綺麗な水の流れ。一度は、実際に行って、見て、感じて欲しいと思う。良いものは、良いのだ。

 なお、十和田湖周辺の宿は、今はお勧めしない。サービスの質が落ちていて、がっかりするだろうし、そんなことで、十和田・奥入瀬の良さを、台無しにして欲しくない。それよりは、少し距離があり、時間がかかるが、青森や弘前、大館といった地方都市のビジネスホテルの方が良いと思っている。

自分を好きになろう

20120920 自分を好きになる

自分を好きになろう
自分を好きになる
努力をしよう

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

境目

20120920 あの月のように

水の上を飛んでいるのか
雲の下を走っているのか
境目なんて
きっとあいまいなんだ

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

十和田・奥入瀬紀行にいってみた(その1)

 少し事情があって、親孝行のために、青森県津軽地方の実家に頻繁に帰省することになった。親孝行といっても、顔を見せて愚痴を聴くだけなので、暇は持て余している。そこで、カメラを抱えて十和田湖・奥入瀬渓流に日帰り撮影旅行に出かけることにした。
 
 十和田・奥入瀬を訪れるのは10年ぶり、ずいぶんと様変わりしていた。東日本大震災以降、観光客が激減し、多くのホテル・土産物店・飲食店が店を閉め、撤退する遊覧船会社まで出ていたのだ。同じ東北といっても、青森・秋田・山形県は、大震災の直接的影響はあまりなく、ここ十和田湖周辺もほとんど被害はない。にも関わらず、東北は大変なことになっていると敬遠されているらしい。

 哀しいことではあるが、カンボジアのアンコールワットのように、本当に大切なものはずっと残ると信じたい。
 そこで、故郷のために何か貢献しようという気になったこともない k-ogasa だが、ここは、できる範囲で十和田・奥入瀬の良さを伝えて見たいと思う。
 
 十和田湖の魅力は、その雄大さと、青い空・青い湖水である。

20120922 十和田湖1
 
 この日は、雲ひとつない晴天で、青い湖水が素晴らしく気持ちがいい。写真のボート客、時間が早いせいもあり、一組だけ、二人で十和田湖を独り占めしていた。
20120922 十和田湖2 

 波打ち際の浅瀬では、小さな子供が水遊びをしていた。モザイクを必要とするような状態だったので、写真は割愛させて頂こう。そのくらいの開放感なのだ。
 
 十和田湖の観光名所といば、高村光太郎作の乙女の像。今回は、逆光気味のシルエットで撮影してみた。
20120922 乙女の像

 さて、湖を周回する道路からは、青い湖水のキャンバスに、緑の木々が鮮やかな色あいで描かれ、絵画をみるようである。そこから、青森市に向かう道に折れると、すぐに奥入瀬渓流が見えてくる。道のすぐ脇を渓流が流れ、様々な滝や複雑な流れが楽しめる緑のトンネルが、10kmほど続いている。車で木漏れ日を楽しむも良し、レンタルサイクルで風を感じるも良し、徒歩で心地よい汗をかくも良しである。
20120922 奥入瀬の道 

 10月の中旬からは、紅葉の季節が始まる。渓流の水量も増えて、爽やかで鮮やかな顔を見せてくれることだろう。(その2に続く)

ARTs*LABoポスカ展-aD#07-に出展します

 artDive#07 KYOTO ART FESTA 2012 AUTUMN 内で開催する、ARTs*LABo ポストカード展-aD#07- に出展します。
 またまた多くのポストカード作家さんが参加し、展示即売します。

+++++ 参加情報 +++++

開催日時:

2012年10月20日(土)・21日(日)の2日間

11時~17時 

会場:

京都みやこめっせ 第三展示場Aフロア (入場無料)
(artDive#07 KYOTO ART FESTA 2012 AUTUMN 内 ARTs*LABo・企画展ブース)

京都府京都市左京区岡崎成勝寺町9-1 

アクセス:

地下鉄東西線 東山駅 最寄り

http://www.artdive.net/access/

+++++++++++++++

 京都で開催されるアートイベントの中の、企画展に出展します。春にも、たくさんの方にご覧になって頂きました。今回も、たくさんの方に見て頂けたらいいなと思います。

artDive#07 KYOTO ART FESTA 2012 AUTUMN
http://www.artdive.net/

20120923 artlaboフライヤー

 春開催で出品した新作は不評でしたが、懲りずに今回も、新作を3作品ばかり用意しました。そのうちの一つがこちら。

20120920 artDive新作 

 昨年、旭川・富良野・美瑛旅行した時に撮影した写真で、作ってみました。皆さんの目にとまりますように。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

あの月のように

20120920 あの月のように

あの月のように
欠けたり
満ちたりして
生きていく

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

k-ogasa(ケイオガサ)

Author:k-ogasa(ケイオガサ)
デジカメで、花と写真を楽しんでいます。感じたものが、少しでも伝えられたらいいなあと思います。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード