味のあるアニメ、一週間フレンズ

 味のあるアニメに出会った。「一週間フレンズ」という深夜アニメで、首都圏なら TOKYO MX、近畿圏なら毎日放送、中京圏ならテレビ愛知
で放送されたもので、高校を舞台にした恋愛ドラマだ。

一週間フレンズ公式サイト
http://oneweekfriends.com/index_sp.html

 このアニメでは、友達の記憶を一切なくすという大事件が起こる。ハリウッド映画なら、記憶を取り戻すために巨大な組織に立ち向かったりするが、こちらは女子高生の藤宮さんが、毎週月曜日にわりと淡々と記憶を消失する。そして、記憶をなくすことで起こる軋轢が嫌で、友達を作らす、他人を拒絶した高校生活を送る。
 彼女に恋心を抱く同級生の長谷くんは、月曜日に「友達になって下さい」と言い、日々の思い出を積み重ねては月曜日を迎えて、また「友達に~」から始める。

 タイトルを初めて見た時は、悲劇だと思った。以前に見た韓国映画「頭の中の消しゴム」のように、いくら相手を思い献身的に尽くしても、恋人の病気が最後には自分の記憶や認識を消してしまうという、何ともいたたまれない悲劇になるのではと。

 ところが、見ていくうちに記憶消失自体はストーリーのスパイスに過ぎず、藤宮・長谷の二人の思いのすれ違いが、メインテーマだと分かった。
 相手を思っての行動がすれ違ったり、時には逆効果だったり、そしてうまく行かないことを思い悩んだり。
 「大丈夫だよ!」と笑いながらも、涙がこぼれてしまうあたりは、心の動きをとても良く表した描写だと思う。
 こうした溢れんばかりの初々しさが、実に心地良い。

 また、脇役もいい味を出している。記憶は消失しないが、物忘れが激しい天然キャラの山岸さんは、藤宮さんの拒絶生活をやすやすとぶち壊して踏み込んで行く。ぶっきらぼうな桐生くんは、心折れそうな長谷くんの背中をいつでも押し続ける。

 韓国映画のような悲劇では全くなく、穏やかなハッピーエンド、バトルアクション物が多い中、久々にいいアニメをみさせてもらった。
スポンサーサイト

そばにいるだけで



そばにいるだけで安心
そんな人になれたら

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

お絵描き始めました

 お絵描きを始めた。

 先日の谷津のアートフリマで、久々の行商をやったのだが、なかなか詩を読んてもらえなかったという思いがあった。このブログの、ゆる~い休憩所的世界観を作っているのは、ゆる~い詩だと思っているし、そのゆる~いのを、是非知ってもらいたいし、どうしたら読んでもらえるかなあと、つらつらと考えていた。

 詩に、何かシンプルなイラストを添えたらうまく伝えられるのではないか、そんなことを考えてみた。
 残念なのは、それを表現する絵心というか、デッサン力が k-ogasa にはないということ。どの位ないかというとこのくらいhttp://felix1.blog63.fc2.com/blog-date-200906.html)ない。

 さて、絵心はなくても、イメージだけはある。いわさきちひろ大先生のような、柔らかい絵で、その何分の一かのシンプルなもの。そして、もっとふわっと柔らかいイメージの絵だ。
 そんなことをパートナーに言ってみたら、「写真から絵の世界に来るのは、領海侵犯では?」と妙に警戒されてしまった。自分の絵の隣で、変なものを売られちゃ困るということらしい。

 警戒されたわりには、非常に協力的で、サクサクと道具を揃えてくれた。

s-道具

 おまけに amazon で、セラピーアートの本まで注文までしてくれていた。初心者がパステル画を描くための入門書、至れり尽くせりだ。どうも、教えることに楽しみを見出している節がある。

s-本

 届いた本で、さっそく描き方を勉強してみる。これは良いなと思った点が、二つある。ひとつ目は、型紙を使って形を取ること。型紙を使った、塗り絵のようなイメージだ。デッサン力なし人間には、思った通りの線など描けないが、写真や図形を型紙にすることで、少しマシな形が描ける。
 ふたつ目は、修正が効くこと。消しゴムで消して、上からもう一回描ける。成功体験のない人に、失敗の許されない一発勝負の線や色付けは、やはり荷が重い。

 パートナーに、パステルでの描き方の基本を教わりつつ、練習に描いてみた。こちらのブログの絵http://esalen.blog.jp/archives/50437050.html)を参考に、模写させて頂いた。

s-パステル1

 ここではまだ型紙を使わずに、パステルでの色付けや消しゴムの使い方を試した感じだ。
 丘の絵の方は、何とかそれらしい感じになったので、ある意味での自信につながったと思う。
 それに気を良くして、目の前のゴムの木を見たまま描いてみたのだが、何ともイケてない。

s-パステル3

 何を描きたいのかが、定まらない感じ。やはり、同系色でまとめるのが初心者には良いのだろう。色々な色を使うのは、もう少しセンスを磨いてからにした方が良さそうだ。
 こちらの猫も、頭が小さすぎてバランスが悪い。う~ん。

s-パステル4

 パートナーに最初に言われたのは、技術は教えられるけれど、何を描きたいかは教えられないと。何を伝えたいか、どう伝えるかがオリジナリティーだし、何を描くのかに最後は行き着く。
 そう考えた時、知人のイラストレーターには、頭の中に独自の世界観を持つ人がいることを思い出した。

 ほしみさんhttp://ameblo.jp/hosimistella/)と、はるるさんhttp://tempo132.web.fc2.com/index.html)。

 この二人は、自分の世界観があり、それを形にする技量を持っている。もうこの段階で、眩しいくらい大きな才能の一つを、手にしている。この二人に飛躍のチャンスが訪れることを願って止まないが、そんな才能のない k-ogasa はしばらく、型紙塗り絵を楽しむことにしようと思う。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

四則演算



(好き+嫌い)÷2=切ない
(可愛い+大切)×2=愛しい

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

農薬を棄てたいが

 我が家のお庭は、春から秋にかけて様々な花が咲く。沈丁花・ムスカリ・皐月・花水木・紫陽花・花虎の尾・百合・桔梗・金木犀と、それはもう様々。パートナーが、丹精しているおかげで、賑やかなお庭を楽しむことができる。

s-IMG_0149.jpg s-IMG_0150.jpg s-IMG_0152.jpg

 k-ogasa の仕事はというと、煉瓦で花壇を作ったり、泥はね防止のタイル敷きといった工事や、庭木の消毒などである。雑草取りは、雑草でないものも抜いてしまうので、謹慎させられている。

 我が家の主役を期待されている花水木は、葉が白くなるうどんこ病などが出やすい木だ。
s-IMG_0156.jpg

 1年目に真っ白になり、その後、成長が思わしくない。そこで翌年からは、梅雨前から夏にかけて数回殺菌剤で消毒することにしている。今年も時期がきたので、殺菌剤を取り出してみたら、使用期限を2年ほど過ぎている。
あらら?
 他にもないものかと探してみたら、スプレー缶の殺虫剤が2本も出てきた。こんがりと缶が錆びついているおまけ付きだ。

s-IMG_0155.jpg

 さすがに、使用期限を2年も過ぎると、効果のほどに疑問が出てくるが、梅雨前に一度は消毒したかったので、しかたなく2年物を散布しものの、次はそれではまずいと思い、とりあえず新しい殺菌剤を購入した。

 となると、期限切れの農薬類は、処分することになる。とりあえず燃えるゴミなのか燃やせないゴミなのか調べてみたら、自治体のHPには「捨てちゃダメ!」とか書いてある。しかも、空き容器もだめとかあるぞ。

 それならこっそり下水にでも流そうかと考えたら、農薬メーカーのHPには、川や海の魚が死んじゃう魚毒だから、流したら不法投棄で捕まるよとも書いてある。 あれえ?
 一応、土で分解されるらしい。それならいっそ、その辺の空き地にでも捨ててやろうと考えたら、農協さん、今はJAさんのHPに、野菜や果物は残留農薬のチェックをし、基準値を超える場合は出荷できないとかいてある。収穫前は旗を立てているから、ご近所で見かけたら農薬散布は控えてね、だって。

 ここまで来ると、立派な産業廃棄物である。これは正式に業者さんに頼むしかないらしい。

 まずは、メーカーのHPに捨て方わからなかったら相談してねとあったので、メールで問い合わせたら、期限切れの農薬の受け入れはやってないよ、自治体に相談してねとの回答。
 その自治体のHPには産業廃棄物協会の相談してみろとある。タライが回っているが 、とにかく協会とやらに電話してみたところ、2社の処理業者さんを紹介された。ここでもタライが回る。
 処理業者さん、こちらはメールで問い合わせたところ、農薬処理の許可を持ってないから扱えないよごめんね~、という回答。
 う~っ、どうすりゃいいのよ!!

 最後の希望は、JAさんである。
 メールで問い合わせたらなしの礫なので、改めて電話してみたら、不要農薬の受け入れはやっているけど、2~3年に一度くらいの不定期で、次回はいつになるのかは決まっていないのだそうだ。だいぶ気が長くなったり、遠くなったりする。しかも連絡はJAさんの会員、すなわち農家さんだけらしいので、それ以外の人は、時々電話で問い合わせしてね、だって。

 JAさん、k-ogasa がブチ切れて不法投棄する前に、回収実施を決めて下さい。お願い!

誰かに



誰かに認められたいから
自分を認めることから始める

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

毎度! 直前告知です(ARTs*LABoポスカ展-YHM2014-)

 春秋恒例のポスカ展の、恒例の直前告知です。
 YOKOHAMA HAND MADE marche 2014 内で開催のARTs*LABoポスカ展-YHM2014- に出展します。
  展示即売です。
 

+++++ 参加情報 +++++

開催日時:
2014年6月7日(土)・8日(日)の2日間 11時~18時

会場:
パシフィコ横浜 B・Cホール
(YOKOHAMA HAND MADE marche 2014内 ARTs*LABo・企画展ブース)
※YOKOHAMA HAND MADE marche への入場料が必要です
神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

アクセス:
みなとみらい線 みなとみらい駅 最寄り
http://handmade-marche.jp/access/">http://handmade-marche.jp/access/</a></p><p

+++++++++++++++
 今年も、横浜のアートイベント YOKOHAMA HAND MADE marche 内の企画展への参加です。
 

 主催者の発表では、220名程の作家さんが参加予定とのことです。一人4~8種類、平均で6種類とすると、1000種類ものポストカードが並びます。すごいなあ!

 今回は若い方が多いと予想し、k-ogasa の作品は花写真少なめです。花メールなのに・・・

 入場料が必要ですが、今回もたくさんの方に見て頂けたらいいなと思います。

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

欠陥品



人は皆
どこかしら
欠陥品
なのだから

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

ART FLEA MARKET に参加しました(その2)

 千葉県習志野市の谷津遊路商店街で開催された ART FLEA MARKET の参加報告、二回目は、我々以外の参加者さんに触れたいと思います。

【気になる作家さん】
 今回のイベントに参加された k-ogasa が気になった作家さんです。

momomoさん
http://momomo.strikingly.com/

 自らを点描アーテイストと名乗るくらい、ベリー点描です。スマホカバーに、色々なデザインパターンをすべて点描で描くという、モースト点描です。複雑なものでも8時間程で描いてしまうというのだから、マックス点描です。年取るとこんな事は、とても不可能ですね。

【パフォーマーさんたち】
 アートフリマと一緒に、ストリート音楽ライブもありました。 
s-PicsPlay_1400986510286.jpg

 まずは木村誠さん。
 とにかくテンションが高くて、ついていける人は大盛り上がり、ついていけない人は置いてけぼりという歌い手。明るくて、皆を楽しませることにひたむきです。

 でも休憩時間には、曲か原稿か、何かを一生懸命書いてました。根はまじめなんだと思います。曲は「キムラマコトな~、キムラマコトな~」しか思い出せません。
 魂で唄う男のサイトはこちら。
http://goodspeed-web.jp/kimura_makoto/

 お次はコーラスユニットりんどうです。岩手県南三陸町での音楽イベントでの出会いがきっかけで結成されたそうです。
 見た目は派手ですが、しっとりしたコーラスを聞かせてくれました。我々世代には耳慣れた「なごり雪」やオリジナルを曲を披露してくれ、イベントに華が加わった、そんな感じがしました。
 

しっとりコーラスユニットのサイトはこちら。
http://aion21.net/rindou/s/web/profile_s.html

【ゆるキャラたち】
 イベントには、2体のゆるキャラも参加しました。
s-DSC_6519.jpg

 最初は、習志野市公式ゆるキャラのソラシド。昨年、公募で選ばれたもので、谷津干潟にいる水鳥と音楽の街と「習」をモチーフにしたキャラだそうです。が、色々なものをあれもこれもと取り入れて、結局ワケが分からなくなったパターン。キャラが全く立っていなし、可愛くもない、キャラクターとしては一番やってはいけないことをやってしまった失敗作でしょう。

 もうひとつはやっぴーです。
s-DSC_6508.jpg

 やっぴーは、谷津遊路商店街の親善大使で、手にした双眼鏡で、商店街のお店やイベントの情報を探す谷津の妖精だそうです。頭の花と丸い造形が可愛らしく、出歩くたびに子供達がたくさん寄って来て、大人気でした。わざわざ我々のお店にも立ち寄りってくれて、イベントを盛り上げてくれました。
s-DSC_6547.jpg

 とまあ、久しぶりの行商でしたが、なかなか楽しく良いイベントでした。
 スタッフの皆さん、お疲れ様でした。商店街の皆様、ありがとうございました。
 

テーマ : 自作詩
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

k-ogasa(ケイオガサ)

Author:k-ogasa(ケイオガサ)
デジカメで、花と写真を楽しんでいます。感じたものが、少しでも伝えられたらいいなあと思います。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード