当たり前のこと



当たり前のこと
と言う努力には
敬意を払う
スポンサーサイト

でっかいものと気持ちの良い場所(熊野三山紀行 その2)

 その1では、熊野三山に行ってきたと言いながら、大社の話をほとんどしていなかったので、その2は3大社の話をしよう。

 最初は、熊野速玉大社。
 新宮市の街中にあり、とにかく派手な神社である。派手な神社は色々とあるが、

 

 ここは明るい派手さというところ。定番の朱色というよりはオレンジ色、それと補色の緑、黒と金の配色。今は周りの山々も新緑の時期なので、華やかな感じが際立つ。

 

 八咫烏をあしらったのれん(?)も、白にベージュという配色で、センスの良さは三社で一番と思う。
 当日はあいにくの小雨だったが、緑に囲まれた開放感のある境内は、とにかく清々しくて、深呼吸が気持ちが良かった。

 次は、熊野本宮大社。
 田辺市にあり、熊野三山の首座らしい。石段を登った上にあり、速玉大社のような派手さは全くない。山門(?)から先は撮影禁止なので、載せられる画像がないのが残念だが、見栄えは普通の大きな神社という感じ。



 ここは、八咫烏押しの神社のようで、鳥居の横にデカデカと八咫烏をあしらった幟があって、すぐに目を引く。

  

 境内にも八咫烏の丸石があるし、やたちゃん郵便ポストまであるらしい。

 本宮大社は移設されて、今の場所になったとのこと。伊勢神宮や出雲大社も、定期的に新しいお社に遷宮しているのだから、場所が変わったり、お社が新しくなるのは珍しくはない。
 以前の場所はすぐ近くにあって大斎原(おおゆのはら)と呼ばれ、田んぼの中に巨大な鳥居が威容を誇っている。

 

 何もないところに、日本一大きな鳥居がいきなり出現するので、ちょっと異様な雰囲気。数百年後には、この鳥居も物凄い旧跡になっているのかも知れない。元々は、熊野川の中洲だったらしいが、えらい難儀なところに作ったものだと思う。きっと、中洲から周りの山々をゆったりと見渡せて、水音の聞こえる、普段の暮らしとは違った雰囲気の場所だったのだろう。そのな場所で、日常の嫌なことからしばし離れて心を癒し、また嫌なこともある日常に戻る。また、熊野川は、天気が良いと水の色が瑠璃色に見えて、とても綺麗だった。水や魚をもたらしてくれる恵みの川で、ゆったりとした熊野川の流れや、川の恵みへの感謝が信仰となったのかなと思う。
 そして、中洲は鳥以外の動物が行きにくいので、烏が身を守るためにいたのかもしれず、それが八咫烏のもとなのではないかと想像したりする。

 最後は、熊野那智大社。
 大門坂から石段が続く熊野古道をえっちらおっちらと30分程歩く。

   

すると、山の上の日当たりの良い所に、派手な神社が現れる。

 

 ここはとにかく眺望が抜群で、天気に恵まれたこともあり、最高に気持ち良い。

 

 ここも、移設されたらしく、もとは那智の滝、今の飛瀧神社のあたりにあったようで、滝がご神体らしい。

 那智大社から10分程下ると、飛瀧神社、ご神体の那智の滝に着く。

  

 水が落下する大音量には、圧倒される。体に響く振動には、力の存在を感じざるを得ない。この辺りは豪雨地帯と聞いたことがあり、雨上がりともなれば水量も増し、さらに迫力が上がったことだろう。

 これで熊野三山紀行はおしまいだが、一つ心残りがある。熊野詣と言えば珍重庵の「もうで餅」が定番のお土産なので、本宮大社前の休憩所で食べようと思っていたのだが、なんとお休み。後で聞くと、全店お休みだとのこと。限定販売なので、もう二度と出会えないかも知れないと思うと、返す返すも残念だ。

どうだった?



「どうだった?」
アナタのメールが
今日一番嬉しかったこと

でっかいものと気持ちの良い場所(熊野三山紀行 その1)

 日本の様々な名所・旧跡が、ぞくぞくと世界遺産や世界文化遺産に登録されているが、10年前に登録された和歌山県の熊野大社が気になっていた。熊野古道という古い参詣道が今でも残されていて、古道ウォーキングを楽しむ人も多いらしい。一度は行ってみたかったので、パートナーがご朱印集めをしていることもあり、足腰が何とかなるうちに行こうということになった。

 ご存じの方は既に違和感を覚えていると思うが、和歌山県に熊野大社という神社はない。興味があるといっても、実はこの程度の知識しか k-ogasa にはなく、出雲大社や明治神宮のように、古くてでっかい神社がでーんと構えているイメージだ。
 実際には、熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社の3つの神社をメインにした、いくつかの神社の集合体である。
 訪れてみた感想は、熊野の人々は、自然を今よりもっと身近に感じ、人の及ばない自然の大きな力に驚き、その力を分けてもらおうと、ある意味で謙虚に考えていたのだろう、である。

 最初は、神倉神社。
 新宮市にあり、熊野速玉大社から歩いて行ける神倉山にある、速玉大社の摂社ということらしい。

 

 軽い山登りをすると、拝殿とご神体が現れる。



 拝殿を押し潰しそうな感じのゴトビキ岩という巨大な岩がご神体。断崖にあって転がり落ちてこないでっかい岩に、昔の人はパワーを感じて、ご神体に祀ったのだろうか。
 ここから、新宮市内が一望できる。




 次は、花窟神社。



 熊野市の海岸沿いにあり、ゴトビキ岩より、さらにさらに巨大な岩がご神体である。



 この見上げるほど巨大な岩に綱を張り、綱を通して岩のパワーを分けてもらうという考えたらしい。



 カグツチノミコトという火の神様を生んだ時にやけどで死んだイザナミノミコトを埋葬した場所と言われていて、イザナミがかわいそうだと季節の花で祀ったというから、「花窟神社」と命名されたらしいが、熊野の人々はイザナミさんに、ご近所さんのような親近感を持っていたのではないかと思う。うっそうと薄暗い場所ではあるが、こういう話を聞くと、何か微笑ましい気持ちになる。

 おまけは、近くの岩。
 花窟神社から歩いて10分くらいの海岸にある、何となくゴリラの顔っぽい岩。



 特に何も祀られたりはしていないただの岩だ。大昔の誰かが、この猿にはパワーがあると言っていたら、もしかしたら今頃ご神体として祀られることになったかも知れない、なんて思ったりした。

 熊野の人々は、熊野の自然を素朴に信仰していたのだなあと、しみじみと思った。

(その2に続く)

ボクはポンコツ

s-20110813-000.jpg

ボクはポンコツ
そんな風に
生まれてしまった

痩せっぽっちで
かけっこは3番以下で
メガネが分厚くて
興奮すると
夜中に熱を出す
そんな風に
生まれてしまった

もっと丈夫に
産んでやれば良かったと
涙を流す父親の顔から
目をそらしてしまう
そんな風に
生まれてしまった

それでも
ポンコツはポンコツなりに
少しは頑張って
良くはないけれど
一応大学を卒業して
一応就職もして

大人になっても
相変わらず
痩せっぽっちで
競争は3番以下で
目も悪いし
時々
入院したりもして

いつまでたっても
コンプレックスの塊で
それでも
ポンコツと折り合いながら
そんな風に
暮らしてきた

こんなポンコツでも
好きになってくれる
物好きもいたりして
ポンコツじゃない
普通の子供も
生まれてくれたりして
小さいけれど
陽当たりの良い
家を買ったりして

少し歳を取って
相変わらず
痩せっぽっちで
競争は嫌いで
時々
入院もしたりして
相変わらず
ポンコツと折り合いながら
そんな風に
暮らしてきた

丈夫に産んでやればと
涙を流した父親が
なぜか
不治の病にかかり
こんなポンコツに
心配をかけまいと
痩せ我慢をしながら
死んでいった

ポンコツに
涙を流した父親が
痩せ我慢でも
ニコニコ笑って
死んでいった

ポンコツのボクは
そんな風に
生まれてきても
良かったのかなあ
父さん?

実感



必要とされていると
実感したいから
頑張っている

谷津遊路商店街 第13回アート・フリーマーケットに参加します

  今年も春になりました。春は行商の季節です。またまた千葉県習志野市の谷津遊路商店街で開催される アート・フリーマーケットで行商することにしました。 


+++++ 参加情報 +++++

参加日:2015年6月6日(土)~7日(日)
      *雨天中止

開催時間:11:00~17:00

会場:千葉県習志野市 谷津遊路商店街

アクセス:京成線 谷津駅 南口より徒歩1分(かからないかも)
https://maps.google.com/maps?client=safari&oe=UTF-8&q=%E8%B0%B7%E6%B4%A5%E5%9C%B0%E5%9B%B3&ie=UTF-8&hq=&hnear=0x60187f91f1fa0eb5:0x9920830071282c5b,%E6%97%A5%E6%9C%AC,+%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C+%E8%B0%B7%E6%B4%A5%E9%A7%85&authuser=1


谷津遊路商店会ブログ
https://sites.google.com/site/yatsuyuro/

いつものように、パートナーのCanakoの水彩画も、同時出展予定です。
http://canako08.blog8.fc2.com/


++++++++++++++++++++

 谷津バラ園のバラの見頃に合わせて開催される谷津遊路商店街はアートフリマですが、結構人が通行します。規模は大きくありませんが、時々アートに熱心な方がいらしたり、商店街の方の心の温かさに触れたり、ストリート音楽ライブを見たりと、割と面白いです。「もやもやさまーず」的にブラブラするだけでも、楽しめると思います。
 いつものように、ポストカードとやわらかしおりを出展します。出来上がったばかりの新作ポスカも出品予定です。

プロフィール

k-ogasa(ケイオガサ)

Author:k-ogasa(ケイオガサ)
デジカメで、花と写真を楽しんでいます。感じたものが、少しでも伝えられたらいいなあと思います。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード