手を取って

s-20150524-056.jpg

必要な人に
必要とされたい
スポンサーサイト

自分

s-20150524-064.jpg

この不細工な自分には
ご飯をやったり
お水をあげたり
綺麗に洗ってあげたり
世話してきたのだから
それだけで
好きになる価値が
十分にある

微妙なB級郷土料理(十二湖紀行 その3)

 十二湖紀行の最終回は、懐かしい郷土料理の話。

s-わんど

 十二湖に行く道すがらの海の駅「わんど」で、悪くはないんだけど、口に合うかなあという、微妙なラインのB級郷土料理に再会したので紹介しよう。

 ひとつめは、粢餅(しとぎもち)。
 あんこを入れたお餅を油を引いたフライパンで焼いたもので、子供の頃ばあちゃんが良く作ってくれた。懐かしいお菓子である。
 もう、うろ覚えになったが、もち米をついたというよりは、米粉を練って作っていたような気がしたので、粢団子という方が正しいかも知れない。
(母親に聞いてみたら、米粉を練るのは正解だった。でも、油で焼かずに、まだ熱を持った囲炉裏の灰に埋めて焼いていたらしい。囲炉裏のない今では、無理だな)

s-しとぎもち

 味は少し油っぽいあんころ餅なので、普通に美味しい。
騙されたと思って食べても、騙されない味なので、安心して欲しい。

 ふたつめは、いなり寿司。
 名前と油揚げは同じだが、中身が少~し違っている。

s-いなり

 使っているのはもち米で、おこわのようにもっちりというよりは、ふにゃふにゃと柔らかい。また、もち米がピンクに着色されていて、油揚げの口が閉じられないくらい詰めるので、鮮やかなピンク米が思いっきり露出している。味は甘いというか、甘ったるというか。刻んだ紅しょうががアクセントを添えている。

s-おが

 小学校の運動会なんかに、画像みたいな恰好したばあちゃんや母親が良く作ってくれた。甘党の k-ogasa の大好物で、今でも帰省した時に、食べさせたいと母親が作ってくれることがある。
 こちらは・・・騙されたと思って食べると騙されるかも知れないので、覚悟の上、是非食べて欲しい。

 まさか3回にもなるとは思っていなかったが、中身の濃かった十二湖紀行は、これでおしまい。

喪失感

s-20150524-022.jpg

腕に抱えた
その思い出を
無くしたり
壊したりしないように
そっと置いておける
そんな時が
来ますように

おまかせしてみた(十二湖紀行 その2)

 母親が、十二湖への道すがらに、昨年他界した父とウニ丼を食べるという食堂があると言う。 JR五能線の十二湖駅からすぐの民宿・静観荘というところで、今回も行けるなら行きたいというので、立ち寄ってみた。

 食堂に入ると、ばあちゃんが座敷の縁に腰掛けていた。他には娘さんとおぼしき店員がひとりいるだけで他に客もおらず、絵に描いたような、暇なばあちゃんだ。

 店内のメニューには「ウニ丼 1800円」「おまかせ定食 1000円~2000円」「みそラーメン 600円」とある。何だかゆる~い感じのメニューにやや不安を覚えつつ、ウニ丼が高かったので、

「おまかせ定食には、何が付くの?」

と聞いてみた。

「いろいろ付くよ」

と、これまたゆる~い答えが返ってきた。かなりの不安を覚えつつ、おまかせを二つ頼んでみた。

 我々の他に客はいなかったのだが、15分ほどで次々と入ってきて、結構賑やかになった。多分、我々の車を見て、客がいるから大丈夫だろうと入って来たと思われるが、不安のことまでは知らないだろうな。

s-DSC_0443.jpg

 そうこうしているうちに、おまかせ定食が出てきた。トレーに、何やら一杯載っている。ウニ・鯛の刺身・焼つぶ貝・フキの煮物・ミズのお浸し・ウドの酢味噌和え・めかぶの酢の物・わかめの味噌汁。
 ご飯がないなと思ったら、空のお茶碗が出てきた。
・そこの炊飯ジャーから、好きなだけ食べて良いらしい。
確かにばあちゃんの言うとおり、一杯付いてきた。少食の k-ogasa には、たっぷり過ぎだ。
 しかもこんなにウニが付いているなら、わざわざウニ丼にしなくて正解だと言う母親と一緒に目を丸くしていたら、その前を追加の白身魚の唐揚げが通過する。

 ここまでくると、空いた口をおまかせ定食でふさぐしかない。
 山菜類はエグ味もなく、味付けも塩味・甘み・酸味・辛味のバランスがとても良い。積極的に山菜を食べない k-ogasa でも、とても美味しく食べられる。特にミズの軽いぬめりとシャキシャキとした歯応えの組み合わせは、すごく良かった。
 メインだが、鯛の刺身でウニを巻いて食べるという暴挙に出てみた。ウニにくさみは全くなく、ぬははは、贅沢贅沢。

 動けないくらい満腹になったところで、食券を買い忘れたことに気がついた。どのくらいの値段なのかな~とみると、1000円だった。
・あ~~っそぉう、と値段が変わらないうちに二人分買って渡すと、

「わざわざ買わなくても、手渡しで良かったのに」

と返ってきた。暇な時期だからだろうな。料理以外は、どこまでもゆる~いばあちゃんだった。

 行くのはちょっと大変だが、不老不死温泉まで行くのなら、ここも立ち寄って見ても損はないと思う。

(その3に続く)


人生の階段

s-20150508-028.jpg

人生の階段には
色々なものが
落ちている

世界遺産の湖たち(十二湖紀行 その1)

 都内で働く k-ogasa が良く言われるのは、青森県出身なら当然「寒さに強い」「お酒が飲める」「スキーはセミプロ級」「リンゴの皮を切らずにむける」ということなのだが、「リンゴの皮むき」以外はまるでダメである。
 話題になるたびに言い訳することにも疲れ気味で、ローカルハラスメントという考えを新たに提唱したいくらいだ。
 少しお疲れ気味なオープニングになったが、言いたかったことは、青森県産民であっても、出来ないことや、行ったことがない名所もたくさんあるということ。

 そこで、帰省ついでにこれまで行けていなかった場所に、写真撮影がてら行ってみようかと思い立った。
 とはいえ、天気予報は曇り~雨。まあ今回は無理せず次回にしような~んて考えていたら、日頃の行いが良いせいで、朝からやけに天気が良い。天気が良いなら、世界遺産の白神山地にある「十二湖」に行くしかなくなった。

 天気が良いのに何だか歯切れが悪いのは、十二湖が遠いからに他ならない。片道で、列車なら新青森駅から3時間、弘前駅から2時間半、車なら実家から約2時間ノンストップという感じ。日頃の行いが良いのだから、気合いを入れて出発しよう。

 十二湖は、1993年に世界遺産(自然遺産)に登録された白神山地の一角で、長時間歩かなくても行けるところにある。大きさや色合いが違ういくつかの湖があり、そのひとつの「青池」は、特に色合いが独特で有名。
s-20150530-019.jpg s-20150530-018_001.jpg

 2両編成のJR五能線を横目に見ながら、のどかな田園と広々とした海沿いの国道101号線をのんびりドライブ。途中、母親が行きたいという道の駅に寄り道しながら、約3時間で到着した。
s-20150530-090.jpg s-20150530-085.jpg

 白神山地のブナの森は、ちょうど新緑の時期だ。辺りに、鳥や蝉の声が充満している。藤の花や山桜(?)がそこかしこに咲いている。

s-20150530-048.jpg  s-s-20150530-055.jpg

 画像は、落口の池。
 すぐそばに十二湖庵というお茶屋さんがあり、回った中では、唯一水が流れ込んでいる湖。
s-20150530-061.jpg s-20150530-063.jpg

 対岸は藤の花が盛りで、広々とした開放感たせせらぎが心地良い。
s-20150530-102.jpg s-20150530-103.jpg
 
 ここは、鶏頭場の池。
 回った中では一番大きく、とにかく緑色だった。k-ogasa には真緑に見えたが、他のブログでは青緑ともあるので、その時々で見え方が変わるのかも知れない。開放感があり、陽の湖と感じた。
 s-20150530-070.jpg s-20150530-080.jpg

 ここは、沸壺の池。
 お茶屋さんから少し森の中のに入ったところにある、やや青みがかった小さな湖。舗装されていないハイキングコース上にあるためか、ガイドが付いた団体が、森の中から現れては、記念撮影して過ぎていった。天気が良くて気温が上がったので、森の中かといっても、歩いたらかなり汗をかくなあと、苦笑いしていた。
s-DSC_0446_001.jpg

 最後は、青池。
 辺りからは鳥の声も聞こえるのだが、観光客がたまたまいなくなったこともあり、とても静かな印象を受ける。写真では分かりにくいが、靑よりは瑠璃色に近い。落口の池や鶏頭場の池が陽なら、ここは陰と言って良い。
 たまたま紋白蝶が一頭だけ舞っていたのが、メルヘンの世界に吸い込まれたような感じで、しばらく目で追いかけてしまった。

(その2につづく)

ポンコツ

s-DSC_7491_001.jpg

ポンコツだって
認めた時から
少し楽になった
プロフィール

k-ogasa(ケイオガサ)

Author:k-ogasa(ケイオガサ)
デジカメで、花と写真を楽しんでいます。感じたものが、少しでも伝えられたらいいなあと思います。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード