創作表現者展に行く

 亀戸のアートフリマに来て下さった画家のオーさんが、創作表現者展に参加されるというので、見に行ってきました。

 オーさんのブログ「絵描き オーのブログ帳」 に、自分の作品が埋もれてしまうかも、と言われていましたので、岡本太郎ばりの、エネルギーがほとばしり出るような作品がずらりと並んで、気持ち悪くなるのではないかと、勝手に想像していました。

20101031 創作表現者展9.jpg

 幸か不幸か想像とは違い、整然とした空間に、来場者も結構いて、気軽な感じで見ることができました。何より、写真撮影OKなのがいいですね。絵画・写真・造形・手芸と、色々なジャンルのアーティストが参加されていました。

 画商賞や音楽家賞など、いくつかの作品が受賞されていましたが、k-ogasaの感性とは、かなり違っていました。好みや流行、見るポイントの違いなのだと思いますが、アート作品は、自分が気に入ればそれで良いので、あくまでもk-ogasaが気になった作家さんを、ご紹介したいと思います。

20101031 創作表現者展7.jpg

 堀井一仁さん 「里山静謐」

水彩画なのですが、とても立体感があって、静けさが良く表れた作品でした。

20101031 創作表現者展8.jpg

しいにゃんさん 「Seulement fu...」

3色の色鉛筆だけで書いた作品。女性の表情と、色合い・背景が醸し出す雰囲気がとても良いです。

20101031 創作表現者展5.jpg

小田みちを(オー)さん 「流音」

水の落ちる重量感が伝わる作品です。絵の持つ迫力の点では、出店者中一番でした。

20101031 創作表現者展3.jpg

ヤブザキシュウジさん 「純粋になりたい」

アクリル・コラージュとありますが、どうやって作ったのか分からない、不思議な作品です。とても目を引く作品でした。

20101031 創作表現者展6.jpg

建部弥沙さん 「HYBRID PROGLESS」

機械の冷たさと、獣の躍動感がうまく表現された作品です。ゲームとかに使われていそうなイラストですね。

20101031 創作表現者展1.jpg

摩有さん 「-ADULT-」

球体関節の人形です。肌の質感や左手の煙草など、けだるいアダルトな雰囲気が漂う作品です。網タイツなんて、どうやって作るんでしょう。

 

 20101031 創作表現者展2.jpg

白幡圭吾さん 「ヨリソウ魂ノカタチ」

いいですよねえ、ゆる系の作品。見詰め合う目と、短くて丸い足が素敵です。

 以上です。他にも、悲しみや陰鬱さ、心の中のもやもやしたものを表現した作品が、多数あったのですが、k-ogasaは、見ていて幸せな気分になれる作品が好みなのだと、改めて思いました。わざわざ出かけて行ってまで、哀しい気持ちにならなくてもいいじゃないか、ということです。しいにゃんさんや白幡圭吾さんの作品を選んだのも、そういう感覚でした。作品のもつ迫力を感じたのは、堀井一仁さんとオーさんのそれでした。

 会場では、スタッフの方が来場者に声をかけて、作品の投票用紙を渡していました。k-ogasaには声がかかりませんでしたので、ビジネスには繋がらないと思われたのでしょう。どうみても小市民にしか、見えないですものね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いいですね

素敵な作品ばかりで、ほんとうに皆さんすごいですね。
そういうふうなところに行くと製作意欲がかき立てられるでしょ~~ね。
私は、もっぱら癒されそうですけど。

ありがとう

白幡と申します、ブログにご紹介くださって、ありがとうございます。
心の持つ、豊かさの部分を表現したつもりでしたが、感じ取っていただけたのが、とても嬉しく
コメントさせて頂きました。 感謝します。 もし良ければアメブロやってますので、遊びに来てください。
http://ameblo.jp/sukosi-senobi/ になります。今後ともよろしくお願いします。

ららさんへ

ららさん、こんにちは。

好き嫌いはありますが、力の入った凄い作品ばかりでした。
k-ogasaは、絵心皆無で不器用ときていますので、真似もできそうな気がしませんでした。
気にいった作品を眺めては、いいなあ~って、感心するばかり。

白幡さんへ

白幡圭吾さん、はじめまして。

花メールにお越しいただき、ありがとうございます。
これまで、立体作品で、幸せそうな作品にあまり出会ったことがなかったので、とても新鮮で、記事にも書きましたが、本当に、いいなあ~っていう感じした。
ブログも拝見し、子供さんとの活動もされているとのことで、白幡さんご自身の優しさが、作品にもよく表れているなと、改めて感じた次第です。