思い出



痩せても
枯れても
生きた証が
ここにある




セイタカアワダチソウ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

言葉の重み

いろいろと精力的に活動していらっしゃるk-ogasaさんが、こうした言葉を書かれると重みがありますね。
やせるのも枯れるのもまだまだ先の話でしょうが、年をとることを切に感じるようになりました。
これからどんな生きた証を残せるだろうと、ふと考えてしまいました。

粋生夢詩さんへ

粋生夢詩さん、こんにちは。

 実はこれ、とても素朴な発想でした。セイタカアワダチソウは、生きて枯れただけでも、このように証がはっきり残るように、人と関わって生きていれば、写真や物や記憶や、そういった証が、自然と残ってしまうのだなあと。
 粋生夢詩さんも、既にたくさんの証を残しています。それでいいのでしょう。