津軽の名峰 岩木山

 昨日まで、実家の青森県津軽地方に帰省していました。津軽で有名なものと言えば、りんごとか、りんごとか、りんごとか、あるのですが、津軽衆にとっては、お岩木やま、津軽の名峰岩木山ですよね。撮りたい撮りたいと思っていたのですが、やっと撮影することができました。

20100815 岩木山1.jpg

 実家のりんご果樹園が、絶好の撮影スポットになっていて、岩木山の山姿が綺麗に見えるんです。以前には地元のテレビ局の撮影が、行われたらしいです。母親の長い愚痴を聞きながら、時間をかけて撮影しました。愚痴はともかく、ゆっくりと流れる時間というものは、なかなか良いものです。

 日没後の夕空のグラデーションも、見逃せません。さらに、愚痴を我慢しながら、撮影してみました。左側には、三日月も出ています。

20100815 岩木山2.jpg

 今回は、台風の接近で、飛行機が飛ばないかもとか、風雨で撮影は無理かも、なんて半分諦めていたのですが、台風一過、綺麗な山姿が撮影できました。

 さて、空の写真ばっか撮ってんじゃねえよという声も、頭の隅に響きますので、弘前城植物園に行ってきました。こっちの方は、台風一過、暑くて暑くて、グロッキー寸前でした。今の時期は、花があまり咲いていなくて、なんとか蓮を撮影しました。

20100815 蓮1.jpg

 爽やかな感じのアングルは、いかがでしょうか。また、空の写真か? 蓮の大写しは、そのうち花メールを作って、アップできたらなと思っています。

 最後は、台風の名残り、蓮の葉に溜まった水滴です。

20100815 蓮2.jpg

 植物も、呼吸しているんですね、当たり前ですが。葉に溜まった水玉の底から、ポコンポコン、ポコンポコン、ポコンポコン、ポコンポコン、と、酸素の泡が浮かんでくるのが見えるんですね。なんだか、嬉しくなっちゃいました。小さな小さな、命の呟きが、聞こてくるような、そんな気がしたのかも知れません。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント