はるばる来たぜ和歌山

 台風にともなう豪雨で、様々な所で様々な被害が出ました。和歌山県は最も被害が大きかったのですが、そんな折り、和歌山市に出張に行ってきました。

20110910 和歌山市一望.jpg

 訪問先でお聞きすると、和歌山市では被害がほとんどなかったとのことで、仕事の方はスムーズに終える事ができました。

 長い前置きはさておき、行った日は台風一過の晴天。少し時間がありましたので、和歌山城を見物することにしました。
 天守閣に向かって登り始めると、目につくのは大変立派な石垣。立派な石垣に囲まれた上り坂が、延々と続きます。「これは凄いお城だ」と感心しつつも、登るにつれ息切れが酷くなり、「これは意地悪なお城だ」という考えが、頭の中でグルグルし始めます。冷静に考えれば、攻めにくく作ってあるのですから、意地悪で当たり前なのですが。当時、重い鎧兜を身につけて登った方々を尊敬します。

 天守閣を間近から仰ぎ見ると、そりゃあ立派です。

20110910 和歌山城1.jpg 20110910 和歌山城2.jpg

 案内書きには、豊臣秀吉が作り、徳川御三家の紀州藩のお城とありました。日本で一二を争う金持ちのお城ですから、立派でないほうがおかしいですね。歴史の授業が、いかに役に立っていないかを実感した瞬間です。

 帰り際、和歌山駅でお土産を物色。和歌山には梅干ししかないのかと思うくらい、お土産の選択肢がありません。梅とミカン、以上。どうにも、若い女性受けしそうにない。求む、コジャレたスイーツ。

 とか文句を言いながらも、とりあえず紀州南高梅を買ってみました。塩分8%のハチミツ味とかいうやつです。

20110910 梅干.jpg

 さっそく食してみると、とても肉厚で、フルーティー、美味しいです。甘味、酸味、塩味が三味一体となって、いい塩梅です。
 ただ悲しいかな 、1粒150円です。庶民の k-ogasa には、コンビニおにぎりより高価な梅干しとは、友達になれそうにないと思いました。

 さて、2日ほどすると、紀州南高梅高級梅干し180gが、半分ほどに減っています。パートナー曰く、

「梅干しも、美味しいと食べるんだね。今度行ったら、ハチミツなしを買ってきて。つぶれてるやつで構わないから。」

だそうだ。うーん、梅干しと友達になりたいやつがここにいた。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント