ややこしい眼

 だいぶ前からパートナーに、目付きが悪いからメガネを作れ、と言われていた。気乗りは全くしない。k-ogasa の眼は、実にややこしく、面倒臭いからだ。
 それでも、夏に受けた人間ドックで、視力の低下が著しいと診断された。仕事が変わって、だいぶ忙しくなり、眼を酷使しているのか、はたまた歳を取ったのか。一晩寝ても眼の疲れが回復しない。このままでは車の運転ができなくなりそうなので、とりあえず眼科に行き、診察を受けることにした。

 結果は、遠視+左弱視。予想通り。左眼が極端に細かいものが見えないので、代わりに右眼が焦点を合わせようと頑張る。そのため、眼や首、肩がどっと疲れる状態なのだ。医者は、「こういう眼は頑張って視力出したくなります」と、高い職業意識で、ちょっと嬉しそうに言うが、こちらはもう20年以上前から言われたことで、視力矯正が難しいのも分かっていた。だからややこしく、面倒臭い眼であり、気乗りしなかったのである。
 それでも、テスト用レンズをつけてみると、低下が著しい右眼の視力は、だいぶ良くなった。少し気を取り直し、もしかしたらヨン様のようにダンディーになれるかも知れない、なんて妄想を始めたが、パートナーから骨から違うといわれたことを思い出し、また気を取り落としてしまった。

 メガネの処方箋を持って、品揃え豊富なチェーン店に行って、ひとつふたつ試してみると、男性用では大きすぎてサイズが合わないことが分かった。本当に、骨から違うようだ。真実に傷つけられながらも、飾り気のない女性用を選ぶことにした。

20111023 メガネ.jpg

 自分のダメさ加減を、改めて突きつけられながらの、メガネ顛末。

 おまけの話がある。

 医者から、眼の乾燥が酷いと言われ、目薬も処方してもらった。成分を見るとヒアルロン酸ナトリウム。もっちり肌になれる保湿成分のあれである。眼も肌も似たようなものなのかと、ちょっとびっくり。

20111023 目薬.jpg

 眼にさして、こぼれてきたやつをまぶたに塗りつけ、潤いを保つように心がけている。これで、目元だけでもヨン様に近づけるかも知れないと、ナンチャッテヨン様は思っている。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント