空振りの紅葉

 朝晩の冷え込みもだいぶ進み、紅葉や初冠雪のニュースも聞かれるようになりました。住んでいる南関東でも、ちらほらと紅葉情報が入るようになり、ここは一つ、イチョウの派手な黄色でも撮影に行こうと思い立ちました。

 実は1年前の今の時期、夜のイチョウ並木のポストカードを見て、その色合いの綺麗さにため息をついてしまい、自分でも撮影できたら、なんて思ってしまったのです。夜、街頭に浮かび上がるイチョウ並木、歩道を埋め尽くす黄色い落葉の絨毯。ここまでは無理にしても、夜のイチョウ並木でも撮影できればと。
 ということで、雨だと諦めていたのに晴れてしまった昨日、イチョウ並木で有名な東京都八王子市のJR高尾駅近く、甲州街道のイチョウ並木を目指して、電車に乗り込みました。

 電車に乗ること1時間半、JR高尾駅におりた時は午後4時過ぎ、夜の並木の撮影ですから、予定通りの時間です。さて、目指す甲州街道はすぐでした。
 肝心のイチョウはというと、残念な感じです。

20111113 甲州街道銀杏並木-2.jpg

 まあ、なんというか、非常にまだらです。一面の黄色世界には・・・ほど遠い感じです。というより、紅葉の時期にかなりばらつきがあり、一面紅葉にはならないのではないかと思われます。

20111113 甲州街道銀杏並木-1.jpg

 また、写真ではちょっと分かりにくいですが、並木の間から、ニョキニョニと交通標識が生えています。これがまた、一面ため息写真には、2万キロくらい距離があり、k-ogasa の腕前では事実上無理といわなければなりません。

 ということで、あっさり甲州街道は断念し、次の名所、東京都練馬区にある光が丘公園に向かうことにしました。
 結論を先にいいますと、全くの大振り空振りです。紅葉は確かにあったのですが、街頭もなく真っ暗でシャッターも切れず、失敗写真すら掲載できない有様でした。

20111113 高尾.jpg

 半日つぶして全くの空振りだったわけですが、高尾へは高尾山に登るために何年も前に来ただけ。少し歩きまわってみると、家の前を用水が流れていたりと、なんとも素朴な街並みでした。なんだかレトロな感じの南浅川橋なんかも、ポスカの素材になるかもと思い、撮ってみました。はい、おまけです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント