若者たちのエネルギーを楽しもうというわけだ

 千葉大学の学園祭に行ってきた。若者たちのエネルギーを楽しもうというわけだ。

 今回は、マジックとジャグリングのステージがお目当て。大学生ともなると、うまいやつはセミプロ級に上手いし、そうでない人達も、それなりに選抜されたメンバーで、十分楽しめるレベルである。残念ながらマジックは撮影禁止だったので、写真では撮影OKのジャグリングだけ紹介したい。

【マジック】
 狭い会場では、派手なイリュージョン等はもちろんない。どちらかと言わなくても、地味だろう。その中で、心を鷲掴みにされたものを二つ紹介したい。
 ひとつ目は、指にとんがりコーンのような三角をつけ、出したり消したり色を変えたりするマジック。出たり、消えたり、増えたかと思うと、色が変わる。ただそれだけだし、タネや仕掛けもなんとなく想像がつく。しかし、自分やろうと思うと、全くできそうな気がしない。熟練の成せる技で、不器用ものの k-ogasaで は、指がつること間違いなし。
 二つ目は、8の字型の二つ又は四つの輪をグルグル回転させるだけの、極めてシンプルなマジック。照明も落として、マジシャンの顔も見えないくらいで、白い輪だけがステージ上に浮かび、グルグルと回される。
 では何が不思議かというと、手を一本しか使っていないのに、回る輪が入れ替わったり、そこ重なるはずないでしょ~、ってことが何気なく起こる。サプライズというより、不思議な空間にいつの間にかからめとられるような、そんな感覚に陥る。

【ジャグリング】
 ジャグリングのステージは、楽しいかどうかに尽きる。

20121125 ジャグリング-1

 ボールう使うこのデュオは、とにかく可愛さがウリ。

20121125 ジャグリング-2 20121125 ジャグリング-3

 派手な大技もないし、時々失敗もする。でも、衣装と笑顔と、なによりテンポの良いパフォーマンスが、明るく楽しく、こちらも笑顔になっている。

 二番目のディアボロは、駒をどれだけ体から離すかが腕の見せどころ。

20121125 ジャグリング-6 20121125 ジャグリング-7

 このパフォーマーは、横回転で投げた駒をヒモで再び絡めとる大技を繰り出す。シュウシュウと風切り音が、ライブ感を高めている。決まった時は大歓声!

 圧巻はシガーボックス。

20121125 ジャグリング-4 20121125 ジャグリング-5

 見ていて、難しさの良く分かるパフォーマンスだった。練習を頑張り、本番でやりきった感のある、清々しい感動があった。思わず拍手!

 上手くいってもいかなくても、積み重ねた努力とひたむきさは十分に伝わってくる。そんな若さと清清しさを分けてもらった一日だった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント