二人の作品展

 8月31日、超暑い日射しの下、k-ogasa は高円寺に行って来ました。2年ぶりくらいでしょうか。
 暑さの中で足を運んだのは、知り合いのイラストレーターさんの作品展が開催されているからです。それも2人も。これは、またとないラッキーです。
暑さに負けないように、おとどの肉玉そばで腹ごしらえをして、いざ突撃!

 一人目のイラストレーターさんは、mixture 等で何度かご一緒した「はるる」さんです。
 高円寺駅南口方向の、ギャラリーRという所で、pico9「小さな作品展」なるグループ展に参加中でした。
20130908 はるる-1


 確かに、10cm四方くらいの小さなイラストや、かわいい雑貨が、それはそれはたくさん展示されています。
20130908 はるる-2

 会場はこんな感じです。遠目なら撮影OKとのことで、これでご勘弁を。

 はるるさんは、ハチの otto ちゃんを出展していました。いつ見ても、キャラがかわいいし、シンプルで完成度が高いです。特に otto ちゃんは、子供のハチ(蜂の子じゃなくて、子供っぽいハチね)のゆるキャラで、その仕草が良いんですね。ハチなので難しいのですが、これにかわいいイラスト表情が付いた日には、すごいことになるんじゃないかと思います。

allegro blog(はるるさんのブログ)
http://temp132.blog.fc2.com/

 そして、このグループ展の中で「enoki-graphics」さんの作品も良かったです。女性のイラストなのですが、生き生きとした表情が目を引きました。

enoki-graphicsさんのHP
http://enoki-gr.tumblr.com/

 こうした絵画系作品展で唯一嫌いなのが、雑記帳というかメッセージノートです。見に来ましたよをさりげなくイラストやチョイ画で残してあるのを目にするたび、自分の絵心のなさに悲しみを覚えてしまいます。
 そう、幼少時から努力してこなかった自分が悪いのです。言い訳のしようもないのです。「お前の歩いてきた人生は間違っている。これが証拠だ!」と、叩きのめされるのです。
 大概この段階で心は折れ、意識を失いかけます。ただこの展示会では、主催者さんが用意してくれたメッセージだけ書くタイプのメモパッド、輝く希望の光が見えましたね。


 さてさてお次は、高円寺駅北口の Too-tickiというボックスギャラリーで開催中の「ほしみステラ」さんの個展に向かいます。 

20130908 ほしみ-1

 手作りの雑貨達が所狭しと並ぶ店内の奥に、我が家のトイレ程の空間があり、そこにほしみステラワールドが広がっていました。

 小さなイラスト作品が、散らばるように展示され、手元には、フワフワのにゃんこマスコットなんかのカワユス雑貨も置かれています。思わずフニフニ。
20130908 ほしみ-2  20130908 ほしみ-3

 テーブルの上には、ルーペが置かれています。とても小さな作品もあるので、これで見てねと言うことで、老眼の身にはありがたい配慮です。このルーペで見てみると、作品の中に細かな点描が入っています。微妙に色合いを変えたい時とかに使っているようで、思わず「スゲー!」と声を上げてしまいました。
 k-ogasa 的 No.1 作品は、メインの一本の木のイラストを差し置いて、夕焼け空のイラストでした。色合いが晴れやかで、奥行き感がある、清々しい作品だと思います。

 小さなスペースですが、それが小作品を身近にしてくれて、良い空間になっていたように思います。

お絵描きブログ★ほしのかけら(ほしみステラさんのブログ)
http://ameblo.jp/hosimistella/

 ご本人にお会い出来なかったのは残念ですが、良い時間でした。k-ogasa もそろそろ新作を作らねば。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ありがとうございました!

お久しぶりです。今日搬出に行って、コメント受け取りました。
来てくださってたとはびっくりです…!!
ステラさんの個展も見に行けば良かった…無知は罪ですね…。

表情…なるほど…!!
ogasaさんの一言は本当にいつも参考になります。
一番目指してがんばります、見に来て頂いて有り難うございました^^*

はるるさんへ

 もう2度気温が高いと、心折れて行かず仕舞いでした。あははは。でも、行って良かった。商店街の美味しいプリンも買っちゃったし。

 かなり無理な事を勝手に言っているだけなので、行き詰まった時の何かのヒントになればそれで良いし、そうでなければ、スルーして下さい。楽しく描くのが一番。