アーティストフェスタIN幕張で、交流させて頂いた作家さん

 遅ればせながら、アーティストフェスタIN幕張で、交流させて頂いたアーティストさんで、なかなか興味深かった方を、2名ご紹介したいと思います。

 一人目は、2日目にお隣さんになった、あずまきょうさん(http://homepage2.nifty.com/axk/azuma.html)。あちらこちらで出展活動をされているらしく、地名の入ったTシャツなんかを各種取り揃え、土地に合わせて繰り出しています。
 それより特筆すべきは、カメなんです。カメをモチーフにした作品をたくさんの製作され、それを、カメ好きの集まるイベントなんかにも出展しているくらい、カメに思い入れを持って望んでいるのです。カメ人間のk-ogasaが、そのカメグッズを物色していると、色彩的にもデザイン的にも素晴らしい缶バッチを見つけました。
 

 枝豆からカメが覗いているものですが、これにはストーリーがあるのだそうです。なんでもこの3頭のカメは、シンクロナイズドスイミングの選手達で、カメリンピックシンクロ代表、東洋のサファィヤという異名を持つのだとか。なんというか、この缶バッチの中に、そんな設定まで込めて製作する姿は、頭が下がります。そういう設定に、自由な発想でどんどんストーリーをふくらます、馬鹿馬鹿しければ馬鹿馬鹿しいほど、楽しいものです。

 二人目は、R.M.さん(http://royce55.web.fc2.com/kalimba.html)です。行商活動歴の長い先輩アーティストで、様々な情報を教えて頂きました。ありがとうございます。一応作品を紹介しますと、カリンバという身近な素材で作る楽器で、細くて薄い鉄の板等を、指で弾いて鳴らすもの。自分にしっくりくるように、音に雑味というか、深みというか、個性というか、そういうものを加えるのも、大切な要素となっているのだそうです。一度指で 、びよ~んびよ~んと弾いてみると、いつのまにか無心で弾いてしまうような、不思議な吸引力があるんですね、この楽器。

 この方の特筆すべき点は、k-ogasaと同じジャンルの人間だと言うことです。風貌は全く違います。しかしどうやら、いると暇に見えてしまう、そんなジャンルなのです。仮にこの人種を、ヒマントスと名付けます。ヒマントスは、よく声をかけられます。 「付き合ってもらえませんか?」 とか、それに類するものでは、勿論ありません。どちらかというと

「○○には、どう行けばいいですが?」
「この電車は、○○に行きますか?」
「カメラのシャッターを押してもらえませんか?」
「アンケートをお願いします。」

といったものです。R.M.さんは、人との待ち合わせで忙しかったのに、やたら声をかけられて困ったエピソードを、披露して下さいました。でも、アートフリマで客待ちしている様子を見ていると、大変失礼ながら、k-ogasaにも、雰囲気がとても暇そうに見えます。緊張感とか、張り詰めたものとか、そういうものが伝わりにくいのでしょう。

 ということは、k-ogasaも、そんな風にしか見えないと、こういうことなります。たしかに、普段ゆるゆるの風貌していますもんね。7月19日に品川インターシティーで、ゆるんだやつを見かけたら、きっとk-ogasaだと思います。はい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント