農薬を棄てたいが

 我が家のお庭は、春から秋にかけて様々な花が咲く。沈丁花・ムスカリ・皐月・花水木・紫陽花・花虎の尾・百合・桔梗・金木犀と、それはもう様々。パートナーが、丹精しているおかげで、賑やかなお庭を楽しむことができる。

s-IMG_0149.jpg s-IMG_0150.jpg s-IMG_0152.jpg

 k-ogasa の仕事はというと、煉瓦で花壇を作ったり、泥はね防止のタイル敷きといった工事や、庭木の消毒などである。雑草取りは、雑草でないものも抜いてしまうので、謹慎させられている。

 我が家の主役を期待されている花水木は、葉が白くなるうどんこ病などが出やすい木だ。
s-IMG_0156.jpg

 1年目に真っ白になり、その後、成長が思わしくない。そこで翌年からは、梅雨前から夏にかけて数回殺菌剤で消毒することにしている。今年も時期がきたので、殺菌剤を取り出してみたら、使用期限を2年ほど過ぎている。
あらら?
 他にもないものかと探してみたら、スプレー缶の殺虫剤が2本も出てきた。こんがりと缶が錆びついているおまけ付きだ。

s-IMG_0155.jpg

 さすがに、使用期限を2年も過ぎると、効果のほどに疑問が出てくるが、梅雨前に一度は消毒したかったので、しかたなく2年物を散布しものの、次はそれではまずいと思い、とりあえず新しい殺菌剤を購入した。

 となると、期限切れの農薬類は、処分することになる。とりあえず燃えるゴミなのか燃やせないゴミなのか調べてみたら、自治体のHPには「捨てちゃダメ!」とか書いてある。しかも、空き容器もだめとかあるぞ。

 それならこっそり下水にでも流そうかと考えたら、農薬メーカーのHPには、川や海の魚が死んじゃう魚毒だから、流したら不法投棄で捕まるよとも書いてある。 あれえ?
 一応、土で分解されるらしい。それならいっそ、その辺の空き地にでも捨ててやろうと考えたら、農協さん、今はJAさんのHPに、野菜や果物は残留農薬のチェックをし、基準値を超える場合は出荷できないとかいてある。収穫前は旗を立てているから、ご近所で見かけたら農薬散布は控えてね、だって。

 ここまで来ると、立派な産業廃棄物である。これは正式に業者さんに頼むしかないらしい。

 まずは、メーカーのHPに捨て方わからなかったら相談してねとあったので、メールで問い合わせたら、期限切れの農薬の受け入れはやってないよ、自治体に相談してねとの回答。
 その自治体のHPには産業廃棄物協会の相談してみろとある。タライが回っているが 、とにかく協会とやらに電話してみたところ、2社の処理業者さんを紹介された。ここでもタライが回る。
 処理業者さん、こちらはメールで問い合わせたところ、農薬処理の許可を持ってないから扱えないよごめんね~、という回答。
 う~っ、どうすりゃいいのよ!!

 最後の希望は、JAさんである。
 メールで問い合わせたらなしの礫なので、改めて電話してみたら、不要農薬の受け入れはやっているけど、2~3年に一度くらいの不定期で、次回はいつになるのかは決まっていないのだそうだ。だいぶ気が長くなったり、遠くなったりする。しかも連絡はJAさんの会員、すなわち農家さんだけらしいので、それ以外の人は、時々電話で問い合わせしてね、だって。

 JAさん、k-ogasa がブチ切れて不法投棄する前に、回収実施を決めて下さい。お願い!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント