ARTs*LABo ポスカ展09 - 自由が丘- に行ってきました

 昨年に続き、ゴールデンウィーク開催の ARTs*LABo の自由が丘ポスカ展に参加中です。5月2日(日)は、作家さんの交流会でしたので、行ってきました。

 自由が丘では、GWに色んなイベントを開催していて、たくさんの人出です。自由が丘といえばスイーツなのですが、それをイメージしたかわいいキャラクターが、出迎えてくれました。子供たちとのふれあいや、飼い犬を抱っこさせられての記念撮影などにも応じ、サービス精神旺盛です。k-ogasaの撮影用にポーズも決めてくれ、立ち去り際に、中年に向かって手を振ってくれました。えらいぞ、ホイップるん。

 この「ホイップるん」、調べてみると、2004年の第1回自由が丘スイーツキャラクターコンテストで公募によって選ばれたキャラクターとのこと。今年は、自由が丘駅77周年らしく、記念イベントで、ホイップるんをモチーフにしたお菓子も販売されるようです。

 さてこの分なら、ポスカ展にも、お客さんがたくさんなのではと、期待に胸を膨らませて会場に入ると、ガラガラです。今年のGWは、天気も良く、暑いくらいの陽気。皆さんアウトドアイベントの方に参加しているのでしょうか。むむむ。
 ポスカの残り枚数をチェックすると・・・、予想はしていましたが、1枚も売れていません。寒いでしゅ。

 知っている作家さんもいないので、じっくりと作品を見て回ります。写真系は、やはり少ないですねえ。ただ、海外の風景と人物の写真が、なかなか空気感があって、良いなあと思ったのですが、プロフィールカードがないので、作家名不明。ちょっと残念です。

 そうやってうろうろしていると、きたひであきさんが来られました。ひであきさんは、目黒のグループ展にもお邪魔させて頂いた、大好きな作家さんです。さっそく、30分ほど江ノ島のグループ展や、描き込んだものより、シンプルな作品のほうが目を惹くよね、なんてお話をさせて頂きました。いつお会いしても、優しさの伝わってくる方ですね。

 そのうちに、ひであきさんのお知り合いの方がいらっしゃったので、再び会場内をうろうろし、お客さんの反応を見ますが、k-ogasaの作品には、目もくれません。ふ~む、もっとシンプルを心がけよう。

 もう少し粘ってみようと思ったのですが、急用のメールが入ってしまい、今回は、これで会場を後にしました。遅くまでいらっしゃったひであきさん曰く、18時以降は、だいぶ人が増えたらしいので、もしかしたら売れている・・・わけないか。

 今回も、気になる作家さんをご紹介したいと思います。

うさぎ番長さん:http://goya.b-shock.org/index.html

とにかく、うさぎです。うさぎだらけです。カワイイ・・・わけではないんです、たぶん。でも、なんか目が行ってしまうんです。

まそらかたなさん:http://www9.ocn.ne.jp/~masora/

透明水彩でキャラクターを描いています。まだ、画風が定まっていないようですが、「睡る花」の絵と、女の子の瞳がとても印象的でした。

宮部さちさん:http://keshi.main.jp/top.html

女子高生(位かな)達をモチーフにした、水彩画です。HPでは、年毎に作品を紹介していらっしゃって、今年の作品はすごくいいです。特に「青写真」は、若々しさが感じら、今回のイチオシです。

kayucoさん:http://kayuco.jugem.jp/

写真系の作家さんで、光あふれるお花の写真がいいです。なんだか、お花が喜んでいるような、そんな感じですね。いいなあ、すごいなあ。

 とまあ、ご紹介でした。

 今回は、パートナーが絵を出品しているART METERさんが、アートフリマをやるというので、見に行ってきました。

 3~4名の小さなフリマでしたが、その中の作家さんも、紹介します。

紫雲さん:http://www.art-meter.com/profile/?UserID=010862

1946年生まれの、中国の書道家です。日本ではちょっと見られない、力強い書画を描かれます。動物達の生命力を、感じさせてくれるんです。今でもポスカ買ってくれば良かったと、後悔しきり。

 てなことで、オマケでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント