チャリティーポストカード展に行ってきました

 チャリティーポストカード展に、行ってきました。実は、昨年東京ビックサイトのデザインフェスタで見かけて以来、デザフェスのイベントだと勘違いしていました。

 今回は、原宿のデザインフェスタギャラリーでの開催。
 デザフェスの時からちょっと気になっていたので、雰囲気を見てみたかったのと、ポスカ展でご一緒だったエミコさんも出展しているというので、足を運んでみました。

 最初に申し上げておきますが、中年には、原宿のおしゃれな街には縁も用事もありません。したがって、道がさっぱり分かりません。地図を手にしていても、どこで曲がるのか分からず、ラフォーレ原宿の辺りをウロウロとさ迷います。
 行きつ戻りつしていると、突然、道の向かい側に、H&Mとか、FOREVER21とかいう、巨大ロゴが目に入りました。テレビで見た人気ブランドショップです。「ほうほうこれが・・・」と、100%お上りさんのまま通り過ぎます。縁も用事も、買いたいものもないですから。シワシワになった地図をあれこれ回転させながら、細い路地へと突入します。

 少し歩くと、イカレた壁が現れました。地図を見なくても、ここがデザインフェスタギャラリーだと分かります。デザインというものは、直感に訴える。すばらしいですね。

 チャリティーポストカード展の会場は、10疂間くらいの、こじんまりしたところで、100名位のクリエイターさんの作品が、並んでいました。展示に高さガないので、床スレスレの作家さんは、可哀想。
 

 そんなことはともかく、一通り眺めると、割とクオリティの高い作品が多いように感じました。
 そして、今回も気になる作家さんをご紹介したいと思います。

鮎味さん:http://chau.chu.jp/art3_086.html

今回イチオシのイラストです。シンプルなタッチとほのぼのした絵柄、図案的にもとても面白いです。k-ogasa、これ系が好きなのかも知れません。でも、絵心がないので・・・

emikoさん:http://empolka.exblog.jp/

ニオシです。今回新作の「窓」(http://empolka.exblog.jp/12795620/の5つ目の作品)は、「絶品」です。これまでとは違う、落ち着いた感じの作品で、イラストの中にあっては地味に見えますが、見れば見るほど味がでます。できるだけ新しい作家さんのご紹介を心がけていますが、つい書いてしまいました。

ひなたさん:http://sanpomiti.hariko.com/sm-top.html

透明水彩を使った、明るい画風のイラストです。透明感があるメルヘンなイラスト、楽しげな子供たち、幸せな気持ちになりますねえ。ええ。

よしとみえみさん:http://pleasant-works.ocnk.net/

架空の動物のイラスト(だそうです)。動物の表情が、なんとも豊かで愛らしいです。ほんとに、かわいい絵の描ける人は、いいなあ。

 とまあ、ご紹介でした。生k-ogasaを知る人は、かわいい系イラストとは全くイメージが合わないと思います。かわいくないカメ人間だって、かわいいものが好きなのよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント