ただいま筋トレ中

 こんなタイトルだからといって、k-ogasa はマッチョでもムキムキでもバキバキでもない。
BMIでいうと16.8くらいで、スリムを通り越して痩せっぽっちだ。小学生の頃から痩せっぽっちだったし、この30年で3キロくらいジリジリと減っている。

 太れないと悩みを打ち明けても、95% 羨ましいと言われるだけで、共感はまず得られない。食べれば太る、簡単だよと言われておしまい。食が細く無理してたくさん食べるとお腹を壊し、かえって痩せてしまうことはなかなか理解されない。過去に1人だけ同じ悩みを待つ人と、大いに話が盛り上がったことがあるが、その位のマイノリティーだ。

 ある時、この悩みをちゃんと聞いてくれる人に出会った。この人は、科学的アプローチで見事にダイエットに成功した経験を持つ人だ。k-ogasa とは逆の悩みだが、優れた科学脳で克服したらしい。

 科学脳さんによると、痩せない原因は、消費する以上にカロリーを摂取すると太る、人は足りない栄養素があると、それを補おうとしてお腹が空いて食べる、この2つだとのこと。バランスの取れた食事でカロリーコントロールをするのが良く、それを徹底してやった結果、痩せたというのだ。当たり前といえば当たり前だ。科学脳さんのすごいのところは、科学者らしく自分を実験台にして、実験記録として毎日の食事や体重の記録をきちんと取って分析することを、徹底して行ったことだ。

 その人が、科学的にアプローチで太る相談に乗ってくれた。
 k-ogasa が痩せてる要因をざっくり言うと、脂肪が付きにくい体質であることと、胃腸が弱く食べてもお腹を壊してしまうこと。小さな頃から痩せているので、体に脂肪細胞が少なく、一度にたくさん食べて脂肪で太るのは無理という結論になった。

 ではどうするか。
 お腹に負担が少ない方法で、タンパク質を取って筋肉で体重を増やすしかない。つまり、1回の食事量を減らして1日4食にし、液体やゼリー状のプロテインを飲み、筋トレすることにした。まとまったトレーニング時間はなかなか取れないので、毎朝10~15分で2メニューくらいトレーニングすることにした。

 さて、成果はどうか。体力と根性のない k-ogasa だが、30週くらい筋トレは続いている。続いているが、体重の方はブラスマイナス500gを行ったり来たりで、成果は目に見えない。お風呂に入る前に体重計に乗っては、昨日から200g増えたとか、飲み会で400g減ったとかで、一喜一憂している。
 このことを職場の女性社員に話したら、他の女性の前で話すとマジギレされるから…言わない方が良いという、ありがたいアドバイスをもらった。そうだった、共感は得られないのだった。
 できる腹筋の回数は増えたし、習っている太極拳の軸の安定度も上がった。効果はあるが、相変わらず肋骨は浮いているくらいに、成果はあがっていない。半年位で変わらなくても、悪いことがないならそれでよい。

 やっと、自分の心と体の最も弱い部分と戦う事にしたのだ。これまで40年以上負け続けてきたのだ。それを引き分けまで持ってこれたのだ。充分じゃないか。自分を、褒めてあげないといけない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは〜 ♪
ご訪問ありがとうございます。
簡潔で繊細でクールな文体が 素晴らしいですね。
理系男子?なのでしょうか?(笑)

当方は恥じ入る様なブログですが 宜しくお願い致します。
社会人の疲れた?娘にも見せたいのです(笑)
リンクを宜しくお願いします。

優さんへ

当ブログにお越し頂き、また、コメントを頂戴しありがとうございます。
お返事が遅くなり、失礼いたしました。

ご想像の通り理系男子ですが、つれづれ以外は理系らしさは、ほとんどなくなってしまいました。
最近はスマートフォンでご覧になる方も多いと思いますので、ダラダラと長い文章にならないように心がけています。

娘さん、お疲れなのですね。
休憩所のようなブログです。人間、躓いても、イケてなくても良いじゃないか、という感じのゆる~い詩がたくさんありますので、娘さんの心にどれかは引っかかってもらえるのではないかと思います。残念なのは、疲れた方しか来ないということですが、それもまた良しです。

またお越し頂けたら幸いです。