ARTs*LABoポスカ展-YHM2015- 出展でびっくり!

 k-ogasa のクリエイター活動は、アートフリマへの参加、ポストカード展への参加、手作り品ショップへの出品の3つ。自分の作品がどの程度なのかを人に評価してもらう活動だ。今のところ芸能界に例えると、地下アイドルという感じで、小規模イベントに参加すると、お客さんが少し足を留めてくれて、ほんの一握りのリピーターがいるという成績。

 参加しているポストカード展は、YOKOHAMA HAND MADE marche と artDive' KYOTO ART FESTA のアートイベント内で開催される ARTs*LABo ポスカ展で、春と秋の2回参加している。入場料が必要なことと、特に京都は遠いということで、作品を主催者郵送し、展示等はお任せという超お手軽参加にしている。
 成績はというと、地下アイドル的に数枚売れればという状況。

 ところが、5月23~24日に横浜で開催された ARTs*LABo ポスカ展-YHM2015-では、異変が起きた。

 通常は、主催者から売れた枚数の通知が来る。それを見て、地下アイドルとしての自覚がある k-ogasa は、まあこんなものかなと、一旦気持ちを落ち着ける。少しして作品が返送されてくるので、数を数えては、新作が売れなかったとか、これが売れるのは意外だな(なら出すなよとかツッコはなしね)とかの分析をしつつ、次回へのモチベーションを回復させている。

 なのだが今回は、何の連絡もない。ステージに上がってみたら観客が一人もいない的な展開だ。そうかそうか、そこまて来てしまったのか、さて気持ちをどう整理しようかなあと、まあそんな状態になったわけだ。
 そして、作品が返送されてきた。遂に辛い現実と向き合う日がやってきた。

 あれ? 何か少ない。

 手に取った時の重量感が違う。開封して枚数を数えてみると、少し多めに投入したパステル画が、売れている。ちなみにこんな作品。

s-おもい s-すこしずつ s-桜

 おかしい。何かがおかしい。
 写真詩の方は、これまで通りの地下具合なので、何の不思議もない。同じ場所にプロのイラストレーターさんの作品もたくさん展示される中、絵心のない k-ogasa の素朴な絵ポスカがこんなに売れるのは、何かおかしい。

 よくよくみると、イラスト絵が同じ枚数ずつ減っていることに気がつく。もしかしてこれは、何人かに買って頂いたというより、アートイベントの雰囲気に呑まれ、ありがたいことに自分を見失って頂いた方に、爆買いして頂いたのではなかろうか。最近各地で噴火騒ぎも起こっているようだし、世の中何か起こるか分からないものだ。

 ということで、自分を見失うくらい浮かれてしまう、嬉しい出展報告でしたー!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

k-ogasa(ケイオガサ)

Author:k-ogasa(ケイオガサ)
デジカメで、花と写真を楽しんでいます。感じたものが、少しでも伝えられたらいいなあと思います。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード