模写してみた

 前回のつれづれで、YHM の出展報告、特にパステル画ポストカードの成績が良かったことを報告した。それを読んだパートナーが、

「もっと描いてみなよ」

と言ってきた。
 その気になってはみたものの、こんなやつを描いてみたいというものが、今は思いつかない。
 どうしたものかと、自分の描いた絵をつらつらと振り返ってみる。

 自分の絵は、まあまあレベルのものと、ありゃ~レベルのものに分かれていていると思う。ありゃ~レベルは、デザイン的で、色や形がしっかり出ているものが多い。例えばこんなやつ。

s-顔 s-ハナミズキ s-モミジ

 まあまあレベルの方は、ふんわりぼやんと輪郭をぼかしたものに、ハッキリしたモチーフを少しだけ加えてあるものだと思う。

s-おもい s-桜 s-すこしずつ

 パステルの特性と、k-ogasa のデッサン力のなさを考えると、当然の結果かも知れない。

 ふたたび、どうしたものか。

「そんな雰囲気の絵を模写とかしてみたら? たとえば、ほしみステラさんとか」

 ほしみさん? おおっ、ほしみさんなら、我が家のそこの壁に飾ってあるじゃないか!

s-ほしみ額

 アートフリマに行った時に買ったものだが、ちょ~ちっちゃい。ちっちゃいのを見ながら描くのは、老眼の身には辛すぎるので、デジカメで撮って拡大印刷してみた。
 こうして見ると、ちょ~ちっちゃい中に、ちょ~細かく描き込んであるのが分かる。やっぱ、ほしみさんすげえな。

 で、それをもとにして出来上がった模写がこちら。

s-夕日

 雲の光と影の色の違いなども、できるだけ真似てみた。まあまあレベルになったのではないかと思う。
 パートナーに見てもらったところ

「なかなかの再現性だね。でも凄いのは、あんたじゃなくて、ほしみさんだから」

 ごもっとも。

 ほしみステラさんのブログはこちら。良かったら、覗いてみてね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント