どうしても

人はどうして
こんなにも
頑張ってしまうのだろう

何が怖くて
何を守ろうとして

人はどうして
病気になってまで
頑張ってしまうのだろう





++++++++++


ココロの病気を
繰り返している
知人がいます

時々
顔を見に行って
少し話をして

開き直ってしまえば
楽になれる

頭では
分かっていても
別の何かが
そうさせません

何かを失うことを
恐れているのです

それが何なのか
未だに
分かっていません

もしかしたら
どこにもいない
亡霊のようなもの
なのかも
知れません




+++

合わせる写真が
見つからないけれど
捨ててしまうには
惜しい言葉たち

第15回目は
人のココロの
難しさを
再認識するものでした

言の葉メール

今回は
これにて
おしまい
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント